• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

トイレをリフォームする前に知っておきたい種類や特徴

トイレをリフォームする際には、トイレの種類とその特徴を知っておくことが大切です。

 

トイレの種類には洋式と和式がありますが、近年の住宅では洋式トイレが一般的に使用されています。

 

では、洋式トイレのタイプにはどのような種類があるのでしょうか。

 

そこで今回は、トイレをリフォームする前に知っておきたい洋式トイレの種類や特徴についてご紹介します。

洋式トイレの種類

洋式トイレの種類は大きく分けると3つあります。

 

  • 組み合わせ便器
  • 一体型トイレ
  • タンクレストイレ

 

それぞれの特徴をご紹介します。

組み合わせ便器

組み合わせ便器

組み合わせ便器は、一般的に良く使用されているタイプのトイレです。

 

名前の通り、便器とタンク、便座を組み合わせて使用するトイレです。

 

組み合わせ便器のメリットとしては、便座が壊れた時に便座部分だけ交換ができることです。

 

タンク部分は、手洗い付きのタイプと手洗いなしのタイプがあります。

 

ただ、タンクに水がたまらないと水を流すことができないため、連続して流せないことがデメリットです。

一体型トイレ

一体化トイレ

一体型トイレは、便器・タンク・便座が一体化したタイプのトイレです。

 

一体感のあるデザインで凹凸が少ないため、掃除がしやすいことがメリットです。

 

組み合わせ便器と同様にタンク部分は手洗いの有無を選ぶことができます。

 

ただ、組み合わせ便器と違い、便座が壊れた時は、トイレ全部を交換する必要があります。

タンクレストイレ

タンクレストイレ

タンクレストイレは、その名の通り、水を貯めるタンクがないタイプのトイレです。

 

タンクがないため、コンパクトですっきりとした見た目で空間を広々と使用することができます。

 

タンクに水を貯めるタイプと違い、水道直結で水を流す構造なので、連続して水を流すことができます。

 

ただ、水道直結式で水を流すため、水圧が低い場所だと設置することが難しい場合があります。

 

タンクレストイレについて詳しくはこちら

「タンクレストイレのメリットとデメリットをご紹介します」

洋式トイレの便座の種類

洋式トイレの便座にも種類があります。

 

大きく分けて3つの種類があります。

普通便座

普通便座は、暖房機能や温水洗浄機能などの機能性を持たないシンプルなタイプの便座です。

 

機能性を持たせないため、故障も少なく価格が安いというメリットがあります。

暖房便座

暖房便座は、便座を温める機能が付いているタイプの便座です。

 

座る部分が暖かくできるため、座った時に便座が冷たいということを防いでくれます。

温水洗浄便座

温水洗浄便座は、お尻を洗浄する機能などを備えたタイプの便座です。

 

洗浄機能以外にも、暖房機能や脱臭機能などが付いているタイプもあります。

最後に

今回は、トイレをリフォームする前に洋式トイレの種類や特徴についてご紹介しました。

 

トイレ本体だけでなく便座にも様々な種類があります。

 

トイレをリフォームする時はそれぞれの特徴を良く考慮して選んでみてください。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ

SNS

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。