• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

独立洗面台のメリットとデメリットは?

浴室と洗面台もしくは、トイレ・浴室・洗面台が一緒になっているタイプの水回りは使い勝手が悪いと感じている方もいると思います。

 

古い中古マンションのスケルトンリフォームでこのようなタイプの水回りを別々にして独立洗面台にリフォームすることはよくあります。

 

では、独立洗面台にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、独立洗面台のメリットとデメリットをご紹介します。

独立洗面台とは?

はじめに独立洗面台とはどのような洗面台なのかをご説明します。

 

独立洗面台とは、トイレや浴室とは別になって、独立して設置されているタイプの洗面台です。

 

独立洗面台には脱衣所と一緒になっているタイプと、脱衣所とは別に独立しているタイプがあります。

 

脱衣所と別々に分けるメリットやデメリットについてはこちら

「洗面所と脱衣所を別々に分けるメリットとデメリット」

 

ちなみに、浴室と洗面台が一緒のタイプを「2点ユニットバス」、トイレ・浴室・洗面台が一緒のタイプを「3点ユニットバス」と呼ばれています。

独立洗面台のメリット

独立洗面台を設置した時のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

3つのメリットをご紹介します。

収納スペースが多い

収納スペースが多いことが一番のメリットではないでしょうか。

 

鏡の周りには収納スペースが多くあり、歯ブラシや髭剃り、洗顔用品、うがい用のコップなど小物を収納することができます。

 

また、洗面ボウルの下には広い収納スペースもあり、洗剤や掃除道具の他にもタオルなども収納することができます。

電源が付いている

電源のコンセントが付いていることもメリットです。

 

浴室と一緒の場合は、漏電の危険があるため、コンセントは設置できません。

 

独立洗面台であれば、電源コンセントが付いているため、ドライヤーなどの電化製品を使用することができます。

湿気がこもらない

浴室と一緒の場合は、お風呂に入った後に湿気がこもってしまいます。

 

独立洗面台にすれば、湿気がこもることに悩まされることも少なくなります。

 

湿気で鏡が曇ることもないので、入浴後に鏡を見て化粧や整髪がスムーズに行えます。

独立洗面台のデメリット

独立洗面台にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

 

2つのデメリットをご紹介します。

設置するためのスペースが必要

独立洗面台は、洗面台が独立しているため、その分、設置するスペースが必要になります。

 

そのため、他の部屋のスペースが狭くなってしまう場合があります。

掃除の手間が増える

浴室と一緒になっている洗面台と比べて掃除の手間が増えてしまいます。

 

収納スペースも多いため、掃除する場所も増えます。

最後に

今回は、独立洗面台のメリットとデメリットについてご紹介しました。

 

収納が多く、電源も使える独立洗面台ですが、独立させるため、設置するスペースも必要になります。

 

自分の生活スタイルに合っているかどうか、メリットとデメリットを良く考慮して検討してください。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ

SNS

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。