• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

雨戸の役割と種類をご紹介します

雨風から家を守ってくれる雨戸は昔の住宅にはよく設置してありましたが、最近の住宅では、あまり雨戸を設置しているところは少ないです。

 

しかし、雨戸には様々な役割があります。

 

では、雨戸にはどのような役割や種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、雨戸の役割と種類についてご紹介します。

雨戸の役割

雨戸にはどのような役割があるのでしょうか?

 

3つの役割をご紹介します。

家を雨や風から守る

雨戸を設置する一番の役割は雨や風から家を守ることです。

 

特に台風などの風が強い日には、強風で瓦や石、木の枝などが飛んできてガラスが割れてしまう場合もあるので、その時に雨戸があれば外から飛んでくる飛来物から家を守ってくれます。

 

また、割れたガラスが強風で外に飛んでしまい近隣に迷惑が掛かることもあるため、雨戸を設置していれば二次災害を防ぐこともできます。

防犯対策にも有効

雨戸は防犯対策にも有効です。

 

空き巣などの不審者の侵入経路として多いのが窓からの侵入です。

 

雨戸を設置しておけば内側から鍵も掛けられますし、金属でできているので窓からの侵入が難しくなります。

 

また、雨戸が閉まっているだけで防犯対策に気を使っていることが分かり、空き巣から狙われにくくなります。

遮光・遮熱ができる

雨戸は、外から入ってくる光や熱を防ぐことができます。

 

窓を完全に覆うことができるため、夏の暑い日差しや冬の冷気を遮ってくれます。

 

ですから、外気温の影響を受けづらく、冷暖房の効率が上がります。

雨戸の種類

雨戸と一口に言っても様々な種類があります。

 

3つの種類をご紹介します。

シャッタータイプ

シャッタータイプは最近よく採用されている雨戸の種類です。

 

窓の上に取り付けたシャッターケースから開閉をするため、戸袋が不要なので、すっきりとした見た目になります。

 

また、開閉も簡単で手動式の他にも電動式のタイプがあります。

折れ戸タイプ

折れ戸タイプはクローゼットの扉のように外側に折って開閉する雨戸です。

 

開閉を調節できるので、採光や通風を確保しやすいです。

 

また、このタイプは洋風な住宅にもよく合って、デザイン性に優れています。

引き戸タイプ

引き戸タイプは、昔から日本の住宅で使われている雨戸です。

 

雨戸と聞くと、このタイプをイメージする方も多いと思います。

 

戸袋の中に収納されていて、そこから雨戸を引き出します。

 

戸袋が必要なことや開閉に手間が掛かるため、最近では使われることが少なくなっています。

最後に

今回は、雨戸の役割と種類についてご紹介しました。

 

最近ではあまり見かけなくなった雨戸ですが、シャッタータイプのように見た目がすっきりとして開閉しやすい雨戸もあります。

 

日々の生活スタイルに合わせて雨戸が必要か検討してみるのもいいと思います。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。