• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

エアコンや床暖房などの暖房設備の種類や特徴をご紹介します

快適な住まいにするために欠かせないのが暖房設備です。

 

住宅の暖房設備には、エアコンや床暖房など様々な種類があります。

 

新築やリフォームをする際には、どの暖房設備を取り入れればいいか悩む方も多いと思います。

 

そこで今回は、住まいを快適にするためのエアコンや床暖房などの暖房設備の種類や特徴をご紹介します。

暖房の対流式と輻射式について

住宅の暖房設備は、対流式(たいりゅうしき)と輻射式(ふくしゃしき)の2種類に分かれています。

 

対流式とは、空気そのものを直接暖めて、その暖めた空気を循環させることで室内を暖める方法です。

 

すぐに温度が上がり、設置がしやすいことがメリットです。

 

輻射式とは、室内の床や壁、天井などを暖めて、室内を暖める方法です。

 

室内の温度差が小さく、ホコリが舞いにくいことがメリットです。

暖房設備の種類とメリットやデメリット

暖房設備にはどのような種類があるのでしょうか?

 

4つの暖房設備の種類とそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

■エアコン

エアコンは多くの住宅に取り入れられている暖房設備ではないでしょうか。

 

メリットとしては、ランニングコストが安く、すぐに暖まることです。

 

また、暖房だけでなく冷房も可能で、お手入れなどの機能が豊富なところも魅力です。

 

デメリットとしては、室内の上下の温度差が出やすいことや温風によってホコリが舞い上がったり、空気が乾燥しやすいです。

■床暖房

床暖房は、床面を直接暖めて、そこから放射される輻射熱により、室内を暖める暖房設備です。

 

室内全体の温度をムラなく均一な暖かさに保ってくれることがメリットです。

 

風が出ないためホコリが舞いにくく、空気も乾燥しにくいです。

 

また、室内に設置しないので、掃除の手間が省けて部屋もすっきりします。

 

デメリットとしては、初期費用が高くなってしまいます。

 

床暖房には電気式や温水式など様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

 

床暖房の種類についてはこちら

「電気式や温水式など床暖房の種類をご紹介します」

■蓄熱式暖房機

蓄熱式暖房機とは、オール電化の住宅などに多く用いられる暖房設備で、電気代の安くなる深夜電力でレンガなどの蓄熱体を暖め、日中にその溜めた熱を放出させて室内を暖める器具です。

 

メリットとしては、深夜電力を使うため、電気代が安くなります。

 

ただ、初期費用が高く、蓄熱式暖房機自体が大きいため、設置するのにある程度のスペースが必要になることがデメリットです。

■温水パネルヒーター

温水パネルヒーターとは、ガスや電気などを熱源にして、設置されたパネルに温水を流して室内を暖める暖房設備です。

 

メリットとしては、輻射熱により、ムラなく室内全体を暖めてくれるところです。

 

また、作動音が出ないため、静かな空間にすることができます。

 

デメリットとしては、室内が暖まるまで時間が掛かることです。

最後に

今回は、住まいの暖房設備の種類や特徴をご紹介しました。

 

それぞれに特徴があるのでそれらを考慮して暖房設備を選ぶ時の参考にしてみてください。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。