• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

新築の墨付け作業はどんどん進んでいます。

 

見習い大工の内田です。

 

墨付け刻み作業は進み2,3階、小屋の墨付けは終わり今は母屋の墨付けに入っています。

刻みは2、3階が終わり小屋を進めています。

 

今回の梁は米松を使っています。

 

3本だけ構造検査上、集成材を使わないといけないところがありますが330㎜が2本390㎜が1本あり390㎜になるとものすごく重く墨付けするのにも一苦労です。

 

 

今回は簡単に墨付けの手順を説明したいと思います。

 

墨付けはまず木のクセを見ます。

梁は木の反りが上に向くように使います。

 

次に尺杖という木に長さを写した物(上の写真の物)を使い3尺ピッチに印をしていきその印をもとに他の墨を書いていきます。

 

 

次に図板を見ながら柱の穴やアリやカマの墨を書いていきます。

 

柱の穴などは墨をする時にカーペンターゲージという物を使います。

これを使えば簡単に木材の芯に幅30㎜の墨が出せます。

 

他には間柱の墨やボルト位置の墨を出したら終わりになります。

 

墨が出来たら図板に印をして終わりになります。

 

図板とは大工が書く図面にメモする為の物です。

 

 

前に書きましたが間ズレの位置が結構あります。

 

上の写真の様に柱の位置とアリの位置や子乙の位置が少しズレたりするところがあります。

 

紛らわしいので気をつけながらやっています。

 

母屋が終われば柱の墨付けに入ります。

柱の本数もあるのでどんどんやっていきます。

 

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。