• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

リフォームでお風呂をバリアフリー化するポイント

将来のことを考えて、お風呂をバリアフリーにリフォームしたい方もいると思います。

 

住宅の中で高齢者の事故が多いのがお風呂での転倒やヒートショックによる事故です。

 

お風呂をバリアフリー化する時に危険な場所やリフォームする時にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、リフォームでお風呂をバリアフリー化する時のポイントをご紹介します。

お風呂にある危険な箇所

バリアフリー化されていないお風呂には高齢者や介護が必要な方にとっては危険な箇所がいくつもあります。

 

リフォームを検討する前にその危険な箇所を把握しておくことが大切です。

 

5つの危険な箇所をご紹介します。

出入り口

出入り口の段差は、つまづいて転倒するリスクが高いです。

 

高齢になると足が上がりにくくなり、段差の昇り降りが辛くなります。

 

ですから、少しの段差でも転倒してしまう恐れがあるため、お風呂の出入り口は危険な箇所になります。

 

また、出入り口のドアが開き戸の場合、もし、お風呂の中で転倒してしまった時に外からドアを開けることが困難になる可能性があります。

濡れて滑りやすい床

水で濡れたタイル貼りの床は水が残りやすく、とても滑りやすくなっているため、転倒の恐れがあります。

 

また、気を付けていても、石鹸やシャンプーが床に残っているところを踏んでしまい転倒してしまうケースもあります。

浴槽内の深さ

昔の古い浴槽は、深さが深いタイプが多いため、浴槽をまたぐだけで体力を使ってしまい、その場で転倒してしまう場合があります。

 

浴槽内での転倒は、溺れてしまう可能性があるので大変危険です。

しゃがむ・またぐ時の動作

お風呂では様々な動作が行われます。

 

出入り口で段差や浴槽をまたぐ時や洗い場の椅子に座る時にしゃがむ動作をする時に足腰が弱くなってくると、その動作中にバランスを崩して転倒してしまう恐れがあります。

ヒートショック

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い浴室に入ることで急激な温度変化が起こり、血圧が大きく変動して、それが原因となり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす場合もある健康被害です。

 

このヒートショックを防止するためには脱衣所やお風呂内を暖かくする必要があります。

お風呂のバリアフリーリフォームのポイント

先ほど、ご紹介したお風呂の危険な箇所を踏まえて、お風呂のバリアフリーリフォームのポイントをご紹介します。

出入り口の段差は2㎝以下

出入り口の段差をできる限りなくすことが転倒による事故を防ぐためには大切です。

 

段差は、完全になくすか、2㎝以下にしておくことで安全になります。

 

ただ、段差をなくすことで脱衣所に水が漏れやすくなるため、新たに排水機能を設ける必要があります。

出入り口の扉は引き戸か折り戸

内開きの開き戸ですと、万一の時に外から開けるのが困難な場合があるため、出入り口の扉は引き戸か折り戸にすることがおすすめです。

 

引き戸タイプであれば、広いスペースを確保できるので、車いすでもお風呂への出入りが楽にできます。

 

また、扉にガラスを使用する場合は、転倒してガラスに体がぶつかった時に割れてケガをしてしまうため、割れにくいタイプのガラスを使用すれば安心です。

滑りにくい床材を選ぶ

お風呂の床には、水はけが良く、滑りにくく、断熱性に優れた床材を選ぶことが大切です。

 

タイルは濡れていると滑りやすくなり、硬いので転倒してしまうと大きなケガをしてしまう可能性があります。

 

また、床が冷たいとヒートショックの危険にもつながります。

浴槽の出入りのしやすさ

浴槽の一般的な深さは60㎝程度ですが、この深さですと、高齢者にとっては、またぎづらく、転倒する危険が高くなります。

 

バリアフリー化するには、40㎝程度の深さが安全とされています。

手すりを取り付ける

浴槽をまたぐ時や洗い場の椅子にしゃがむ時につかみやすい位置に手すりを取り付けることが大切です。

 

利用する方の動作に合わせた位置に手すりを取り付けましょう。

浴室乾燥機を設置する

ヒートショック対策として有効なのは、お風呂や脱衣所を暖かくすることです。

 

ですから、お風呂に暖房機能付きの浴室乾燥機を設置することが大切です。

 

また、脱衣所には、床暖房やヒーターなどの暖房機器を設置することもおすすめです。

最後に

今回は、リフォームでお風呂をバリアフリー化する時のポイントをご紹介しました。

 

お風呂の危険な箇所とバリアフリーリフォームする時のポイントを踏まえて検討してください。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。