• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

柱は桧を使っています。

見習い大工の内田です。

 

豊島区池袋本町の新築工事の刻みは小屋梁と母屋登り梁まで終わりました。

 

今回の住宅は2階建てなので材料が3階建てよりも少ないと思っていたのですが建物の高さ的には3階建てと変わらないくらいありさらに登り梁もあるので3階建てと変わらないくらい材料がありました。

 

 

これで梁が終わったので次は始めに部を合わせた柱を刻んでいきます。

 

柱は管柱が90本通し柱が4本その他小屋束があります。

 

 

柱は上の写真の機械をつかって刻んでいきます。

 

定規に合わせてレバーを下ろすだけで縦のホゾが出来ます。

半回転させてもう一度レバーを下ろすとホゾが出来ます。

 

反対にもホゾは付くので回転させて同じことをやっていきます。

 

ホゾが取れたら鑿で面を取り柱の加工は終わりになります。

 

 

小屋束も同じ様にやっていきます。

 

今回屋根の高さが結構あって小屋束の高さが3メートル以上ある物もあり柱より長くなっています。

 

小屋束は上に母屋がのればまっすぐなのですが上が登り梁だとホゾを勾配に加工しないといけません。

 

 

柱と小屋束は加工を終えて下小屋にあると邪魔なのですでに会社の方に持ってきています。

 

そして代わりに通し柱を下小屋に持っていきました。

 

残る刻みはこの通し柱と床板のベニヤの加工になりました。

今回天然乾燥の材料で刻みやすかったとはいえ節が多く鑿で節を刻んでノミが切れなくなってくるので1度全部のタタキ鑿を研ぎなおしたいです。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。