• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

客間に丸太を立てました。

 

見習い大工の内田です。

 

池之端新築現場ではすでに左官屋さんが現場に入って左官工事をしています。

 

3階は家具などがなく1,2階に比べすぐに終わるので3階を先に終わらせて左官までできる状態にしてあったので3階からやってもらっています。

 

3階はすでにパテをやり珪藻土まで塗っているところもあります。

 

 

2階の家具も進めて終わらせていきます。

 

キッチン前のカウンターが取り付きました。

 

下の大きいカウンターはウォールナットで作っています。

1段上のカウンターは天板はタイル貼りになっています。

 

下のカウンターと後ろの物入れの敷居が平らになるように組み立てているのですがそこの取り合いが上手くカウンターを持たせるようにしないといけないのが苦労しました。

 

 

他には1階の客間の物入れを組み立てました。

 

客間の物入れは片側に丸太が立つようになっています。

 

物入れの枠として丸太が立つので丸太に戸シャクリを入れないといけません。

 

 

丸太を加工する時は前日にとの粉をちゃんと塗っておきます。

 

との粉を塗っておくことで丸太に墨を打ったとしても後から濡れたタオルでふき取れば墨が落ちるようになります。

 

まずは基準となる墨を打ちそこから戸シャクリの位置を決めます。

 

位置を決めたらそこにも墨を打ち後はひたすらに鉋でシャクリを付けていきます。

丸太で大きさが同じではないので機械での加工ができません。

 

 

 

戸シャクリを入れたら一度立ててみてシャクリの深さやバランスの確認をします。

 

その後敷居と鴨居の位置を出しそこもさらに掘ります。

 

 

組み上がりました。

 

建具が絡んできて戸シャクリを入れないといけないと加工に時間が掛かってしまいます。

 

後は廻りの下地を組んで固定させここはとりあえず終わりにします。

その他左官に関わる所を終らせます。

 

すでに左官に関わるところが終わったので自分たちは一度下小屋に戻り建具の製作に取り掛かります。

 

 

 

先日足場が外れました。

 

ガルバも貼り終わり2,3階の手摺りに木も打ち終わったので正面からの見た目はここからあまり変化はありません。

 

ガルバの黒色に木の色が良いアクセントになっていて綺麗だと思います。

 

左官屋さんが来たので自分たちは一度下小屋に戻り建具の製作に取り掛かります。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。