• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

板橋区志村のリフォームに入りました。まずは軸建てです。

 

見習い大工の内田です。

 

先週から板橋区志村の中古マンションリフォーム現場に入っています。

 

リフォームを1から丸々やるのは初めてなので所々で考えがつまり動きが止まってしまいます。

 

少し初めての木造の現場を思い出します、、、

あの時よりはまともに出来るようになっていると思いたいです。

 

 

現場の方はまず墨だしと軸建てを2人でやりました。

 

1からのリフォームではこの軸建てだ大事なそうです。

 

既存の壁は真っすぐではないので壁をふかし壁をまっすぐに造り変えます。

 

ここが出来れば後は何とかなるそうなのでこの軸建てのやり方を自分が覚えたら自分は床の施工にうつりました。

 

 

床下には配管や配線が来ており歩きにくい状態だったので速めに床を引くことにしてます。

 

床の施工も木造とは違い足を建てその足の上にパーティクルボードが引かれます。

その上に捨てベニヤをひいていきます。

 

敷居の下部分にはパーティクルボードの下に根太を入れ根太の下に束を入れて敷居が下がらないよう突っ張っています。

 

 

床が引き終わったら次は天井野縁組みに入ります。

 

床のパーティクルボードが引き終わったあたりからは大体木造と進み方が一緒なので少し安心して進められます。

 

細かい所の違いは多々ありますがリフォームはリフォームできちんと覚えていきます。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。