• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

わざわ座のこども椅子をつくりました。

 

見習い大工の内田です。

 

先週で鳥越の現場も終わり無事引き渡しも終わりました。

 

ベッドの組み立てももちろん終わらせてます。

 

 

今週からはRⅭのリフォームの現場になります。

 

当たり前ですがRⅭは木造とは進み方が違うのでまた覚えないといけないことが増えてきます。

 

東京だとリフォームとなったらRⅭの現場が多くなってくると思うのでRⅭもきっちり学んでいきます。

 

 

話は変わり少し前のことになりますが「わざわ座」のこども椅子を作りました。

 

今回の椅子は高さが400で幅が約300程度のものになり結構小さいものになります。

 

そして今回は足が倒れている物でした。

 

 

説明が大変なので完成したものをのせますが後ろの足は両方に開いており前の足は両方に開いてさらに前に倒れている物になります。

 

後はその足に合わせて面材を貼るだけで完成になります。

 

材は全て杉で作り基本的にホゾ組みでつくりました。

 

 

横から見た足がこのような形になっておりここから左右繋げたときに倒れるようになっています。

 

この写真はまだホゾの調整の写真なので足をわざと伸ばして作っています。

 

調整が終わってからそれに合わせて足をきちんと切り落とします。

 

この足の転び方をされるともらった図面だけだと少し分かりにくい所があったので自分で1度原寸図を書いてから寸法を直接取って加工しました。

 

見にくいですが足の下敷きになっている物が原寸図になっています。

 

今回でわざわ座の家具を作るのは3回目ですが毎回図面を読み解くのに時間が掛かっている気がします。

 

大工としての技術は前回つくった時よりは上り前回よりも綺麗に出来ていると思いますがわざわ座の家具をつくる時はもっと時間がある中で作りたいものです。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。