• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

中古マンションリノベーションで失敗しないための注意点

最近では、新築マンションを購入するよりも中古マンションを購入してリノベーションする事で自分たちのライフスタイルに合った住まいづくりが増えてきています。

 

では、中古マンションをリノベーションする時に注意すべきポイントは何なのでしょうか?

 

そこで今回は、中古マンションをリノベーションする時に失敗しないための注意点を4つご紹介します。

1 リノベーションできない物件もあるので注意

中古マンションの中にはリノベーションできない物件もあるので注意が必要です。

 

例えば、ツーバイフォー工法で建てられている物件は壁で支える構造のため、壁を取り払って間取り変更するような大規模なリノベーションはできない場合があります。

 

また、あらかじめリノベーションされている「リノベーション物件」と言われるものも多くなってきているのでそちらも注意が必要です。

 

ですから、物件を探す時には自分たちで施工会社に依頼してリノベーションをしてもらうという事を不動産会社に事前に伝えておくことが大切です。

2 リノベーション費用のローンが通らない場合も

中古マンションを購入する際に組んだ住宅ローンにリノベーション費用を後から組み込もうとすると審査が通らない場合があります。

 

そうなると、別にリフォームローンを組む必要があり、2つのローンの返済でかなりの負担になってしまいます。

 

ただ最近では、リノベーション費用を住宅ローンに一緒に組み込める一体型の住宅ローンを提供している金融機関もあります。

3 築年数や耐震性能などを確認しておくことも大切

マンションでリノベーションできる部分は室内の専有部分のみになってくるので、マンション自体の構造には基本的に手を加えることができません。

 

ですから、中古マンションを購入する際には築年数や状態を確認しておくことが大切です。

 

特に、昭和56年以前のマンションは耐震性能に問題があるものが多いので、耐震補強をしているのか確認しましょう。

4 施工会社とのコミュニケーションも大切

施工会社とのコミュニケーションもリノベーションを行う上で大切になってきます。

 

コミュニケーションがうまく取れていなくて、リノベーション完成後に「思っていたのと違う」なんて事もあります。

 

ですから、打ち合わせの時には自分たちが思い描いているイメージをなるべく詳細に伝えるようにしましょう。

 

また、工事の途中で変更や追加工事が発生する場合には、どんな些細な変更でも費用がどれぐらい掛かるのかその都度、確認することが大切です。

最後に

今回は、中古マンションリノベーションで失敗しないための注意点を4つご紹介しました。

 

ポイントとしては、物件選びと施工会社とのコミュニケーションが大切になってきます。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。