• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

窓枠が入りました。

見習い大工の内田です。

 

前回ブログで窓枠について書きましたが今回はその続きからになります。

 

前回枠の部合わせまでやり現場に来ました、現場に来たら始めに材料の幅を丸ノコで落としていきます。

 

下小屋で幅は落としても良かったのですが一応落としたものを窓枠に入れてみて確認したかったので現場でカットしました。

 

幅を決めたら次はボードシャクリや障子溝を掘っていきます。

 

 

ボードシャクリとは窓枠とボードを絡ませて固定させられるようにするために掘る溝です。

 

ボードシャクリが終わったら次はアングルピースのシャクリと障子溝を掘ります。

 

 

アングルピースも障子の溝も掘り終えました。

 

ここで確認しながら加工していたら1枚接ぐのを忘れていた材料がありました。

 

ハタガネを現場に持ってきてなかったので木を使って接ぎました。

 

 

クサビをつかって接ぐやり方です。

 

ハタガネと同じようにきちんとは接ぐことが出来るのですが一個接ぐのに時間が掛かってしまうのでハタガネがあるならハタガネを使って接ぎます。

 

 

全ての材料の溝が掘り終えたら次は仕上げ作業に入ります。

 

 

かなりの枚数があったので仕上げに時間が掛かってしまいました。

 

杉の白太は仕上げにくく何度もカンナの刃を研ぎなおしました。

 

仕上げが終わったら加工組立に入ります。

 

自分は3階の組み立てをやりました。

 

 

2、3階の窓枠は全て入りました。

 

枠の周りの木は2重貼り目のボードが枠に絡んでくるのでその下地になります。

 

窓枠が終わったら次はドア枠の加工に入るのでまた下小屋にもどってきての作業のなります。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。