• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

内部ボード貼りをやっています。

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の耐火木造3階建ての現場では今ボード貼りをやっています。

 

何度も書いていると思いますが耐火木造3階建ては構造材を囲うように中と外部に21㎜ボード2重貼りになります。

 

 

1重目と2重目は継ぎ目をずらして貼っていかないといけません。

 

角もずらして貼っていかないといけない為壁の1重目が終わったらそのまま2重目に入るのではなく天井に入ります。

 

なので壁1重目が終わってから天井野縁を組みます。

 

 

今回のサッシ枠も天井いっぱいに来るため2階と3階のサッシは周りのボードと野縁の絡みが大変になってしまっています。

 

図で説明すると上の写真の様になるのですがサッシの上部分が1部3重に貼らないといけないようになってしまいます。

 

ちなみにサッシ上のボードが1重なのはこれは気密の問題で梁までボードを張らないと気密シートの効果が出ないので貼っているだけで気密を取らなければこの野縁までボードが貼ってあれば問題はないです。

 

 

これは前回のサッシ上の部分の写真です。

 

写真の方が分かりやすいと思いますがサッシ上だけ野縁がややこしくなってしまいます。

 

ちなみにこれは2階のもので3階は天井ボードが1重だけなのでもう少し細工が楽になります。

 

 

3階の間仕切り部分です。

 

前回ここは外部周りではなかったので野縁上でボードを貼るのをやめていたのですがそれだと梁からボードの間に隙間があり前に書いたように空気が抜けてしまっていたので今回はきちんと梁までボードを上げて気密を取っています。

 

今は階段を先にかけて足場をよくしたいので階段周りのボードを貼っています。

 

壁の2重貼り目は縦張りでタッカー止めなのでどんどんボードが無くなっていきます。

 

ここから床天井とまだまだボードが必要になってきます。

 

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。