• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

洗面室で使われている床材の種類を5つご紹介します

家づくりにおいて、お部屋の床材を選ぶ時に何にしようか迷っている方も多いと思います。

 

特に洗面室などの水回りの部分は汚れや傷が付きやすいため、機能性も考慮して選ぶことが大切ですよ。

 

では、洗面室で使用されている床材にはどのような種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、洗面室で使われている床材の種類を5つご紹介します。

フローリング

フローリングには大きく分けて「無垢フローリング」と「複合フローリング」の2種類があります。

 

それぞれのフローリングの特徴をご紹介します。

1 無垢フローリング

無垢フローリングとは、無垢材から出来ているフローリングです。

 

無垢材独特の肌触りの良さや温かみのある風合いが特徴で、調湿効果や断熱性にも優れています。

 

どちらのフローリングにも言えることですが、リビングや廊下などがフローリングの場合は、統一感が出しやすいこともメリットです。

 

また、無垢フローリングは、よく水に弱いと言われていますが、オスモカラーなどの塗装を施すことで水を防ぐことができます。

2 複合フローリング

複合フローリングとは、合板に化粧材を貼り合わせたフローリングです。

 

一般の住宅で最も多く使われている床材です。

 

塗装などの加工によって、水や汚れに強いものや洗剤などに強いタイプもあり、様々な機能を持った商品が多くあることが特徴です。

3 Pタイル(プラスチックタイル)

Pタイル(プラスチックタイル)とは、塩化ビニール樹脂や炭酸カルシウムなどの素材をタイル状に加工したプラスチック系の床材です。

 

傷や汚れ、摩耗に強く、耐久性や耐薬品性に優れていることが特徴です。

 

また、本物のタイルと比べると価格は安価です。

4 タイル

タイルは、耐久性や耐水性が優れていることから、洗面室などの水回りには最適な床材ではないでしょうか。

 

また、汚れも付きにくく、お手入れもサッと拭くだけで汚れが取れますし、色やデザインも豊富です。

 

デメリットとしては、目地の汚れが目立ちやすいことや冬は足元が冷えることなどが挙げられます。

5 クッションフロア

クッションフロアとは、塩化ビニールを加工したロールシート状の床材です。

 

耐水性に優れていて、汚れも落としやすいため、水回りにはよく使われている床材です。

 

価格も安価で、色やデザインが豊富なだけでなくカビに強いタイプや消臭機能があるタイプなど様々な商品があります。

 

デメリットとしては、熱に弱く、経年劣化がしやすいことが挙げられます。

最後に

今回は、洗面室で使われている床材の種類を5つご紹介しました。

 

水回りの部分なのでそれぞれの特徴を考慮して、デザイン性だけでなく、機能性も考えて選ぶようにしましょう。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。