• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

家具建具とヒノキの板張り洗面室

見習い大工の眞利子です。

 

浅草のマンションリノベーションの内装進行中です。

 

作り付け家具と押し入れ、全16枚の家具建具を製作します。

 

 

冷蔵庫スペース横の家具です。

 

ナラカウンターの上下に建具付きの収納が付きます。

 

建具厚は24ミリ、シナランバーにヒノキのタンパンを張り付け製作します。

 

吊り込みに必要な突起部分(シバタ)をマルノコで加工調整して吊り込んでいきます。

 

 

作業台にしっかり固定し、シバタ加工しているところです。

 

マルノコで荒割りし、バリ等をノミではらいます。

 

微妙な調整と引手は後からまとめて作業します。

 

 

洗面所の天井です。

 

羽目板はヒノキです。

 

天壁の取り合いは、6ミリの目透かしになっています。

 

枠、出隅は突き付けです。

 

 

目透かしの細工です。

 

天井板の方に板厚+目透かし6ミリ分の溝を予め掘り込みます。

 

壁板は溝の中に突き付ける形にしました。

 

 

廊下の天井は杉板です。

 

杉板の方は、加工品です。

 

元々目透かし付きの板を追加工し。目透かしなしにしてから張り込んでいます。

 

杉は湿度による収縮が大きいのと、柔らかい材なのでサネの扱いに神経を使います。

 

前回もだったので話してしまうと、目透かし付き羽目板は加工精度があまりよくありません。

 

目透かしがつく分、面取りの大きさの違いが目立ちにくい為だと思います。

 

一方、ヒノキ板は製材から、サネ加工まで自家製です。

 

溝切りで相欠き加工しているのですが、裏が当たったり反りが出たり微調整は必須です。

 

このあと、玄関の壁とテレビボードにエコカラットを貼ります。

 

最後に珪藻土です。

 

事務所で一度作業していますが、後々ヒビが入るのが怖いので下処理をしっかりしたいです。

 

今日もすでに暑いですね。

 

カラダがまだ暑さに慣れていませんので、体調を崩さないようにしたいですね。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。