• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

マンションリノベーション中

見習い大工の眞利子です。

 

建前後現場を二手に分け、私は浅草のマンションリノベーションをしています。

 

解体は建前にも手伝いにきていただいた職人さんに担当していただきました。

 

全て木下地で施工します。

 

まずは外部廻り、続いて中の間仕切りを立て家具等の下地入れです。

 

 

コンクリートの躯体は真っすぐであるとは限りません。

 

レーザーで基準墨を出し、足元を固めます。

 

胴縁は倒れがないか下げ振りで確認しながら固定していきます。

 

大まかな軸立てまで親方と一緒にやりました。

 

ここから一人です。

 

 

 

最上階に位置するので、すぐ上は屋上です。

 

古いスタイロフォームが施工されてはいますが、性能を保証できないので新たに充填します。

 

この後ボードを張り、杉の羽目板が化粧材になります。

 

 

パーチクルボードの施工です。

 

マンションなので、下階への振動や騒音をを抑える必要があります。

 

土間も凸凹な為、アジャストを使い細かく陸を修正しながらの施工です。

 

アジャストにはゴムが付いているので、若干クッション性を感じます。

 

水糸で長手方向の沈みを修正してから専用の接着剤でアジャストを固定します。

 

固まるまで約1日、その間作業できないので下小屋で枠材の加工です。

 

 

1日置き、施工不良等ないか確認をしたら床下地として合板を張ります。

 

パーチクルボードの目地と交差するように、互い違いに並べます。

 

床が固まれば、家具やキッチンが取り付けられるようになります。

 

同時に天井の羽目板も入ってきたので、材料を消費していかなければなりません。

 

限られたスペースで段どりを考えながら、初めてのマンションリノベーション勉強になります。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。