• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

ヒバ材を使用した建具製作中

見習い大工の眞利子です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建ての現場では家具に吊り込む建具を製作中です。

 

今回は作り付けの家具が多い分、小さな建具と引き出しの数も前回の約倍はあります。

 

材はヒバです。

 

ヒバ材は独特の香りとクセのない黄色みを帯びた色が特徴です。

 

少し甘いような芳香が自分は好きです。

 

材質としては、ヒノキより粘りがなく油も適度でさっぱりした印象です。

 

 

入り口以外の家具建具を24枚製作します。

 

まずは墨付けです。

 

内法を均等に割り、縦枠の被り分を足した寸法が建具寸になります。

 

今回縦枠は幅55㎜、半分の約28㎜+3㎜許容寸法を見ています。

 

 

墨付けが終わったら、まずは鏡板を落とし込む溝を掘ります。

 

四方10㎜深さで掘り、鴨居の溝のみ若干深くセットします。

 

 

溝を掘り終わったら、ホゾ穴掘りです。

 

インパクトで下穴を空けて、ノミで掘り仕上げます。

 

ホゾは短ホゾ、今回は30㎜付けました。

 

ホゾの長さが30㎜なので、穴は35㎜程掘ります。

 

先当たりする可能性と、ボンドを充填した時逃げ道がなくなって暴発するのを防ぐ為に穴は深く掘ります。

 

 

ホゾ加工も終わったら、仮並べと寸法の確認です。

 

ここで問題なければホゾの調整をしながら組んでいきます。

 

 

作業台に大矩(おおかね)を振って、直角に組めているか微調整しながらハタ金で締めます。

 

この建具はテレビボードの地袋に吊り込むガラス入り建具です。

 

上下にガラス溝が掘り込んでいます。

 

今日ハタ金を外し、問題が出てないか確認したら月曜日に採寸です。

 

ガラス入りは家具で6枚、二階リビング入り口建具にもガラスが入るので優先して製作中です。

 

しばらく建具製作が続きます。

 

その後、キッチンの面材の加工取り付けに入ります。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。