• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

玄関椅子の足の加工

見習い大工の内田です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建ての現場では作り付けの家具の取り付けに入っています。

 

玄関の横に靴を履くときに座れる用の椅子を作るのですがこの椅子の足にあたる部分の加工が他と

違っていたので紹介したいと思います。

 

 

完成するとこのような形になりますがこの正面の足の加工を紹介したいと思います。

 

後ろに桟を回しそれにのせている形になりますが、足の加工は自分がやったのですが取り付けは真利子さんがやったので詳しい取り付けについては真利子さんのブログの方を確認ください。

 

 

加工の手順はまず墨付けをします。

 

この丸、足の先の先の方が35Rで内側の方が50Rになっていて、そこをつなぐ線が下の水平線から70度の角度に引かれています。

 

丸や角度の付いた物があると墨付けに時間がかかってしまいます。

 

 

墨付けが終わったら加工をしていきます。

 

まずは丸鋸と手鋸で大方の部分を落とします。

 

丸ノコで定規が掛けられるところは定規を使い線の通りに落としていきます。

 

 

次に追入鑿で崩していき丸の所以外は追入鑿で綺麗にします。

 

丸の所は丸鑿を使い綺麗に落としていきます。

 

 

最後にヤスリを掛けてさらに綺麗にして面を取り加工は終わりです。

 

丸鑿だけだとどうしても丸の所が綺麗になりきらないのでヤスリが必要になってきます、なので丸の加工は毎回時間が掛かってしまって苦労します。

 

 

他の所の作業状況は3階のウォークインを組み立て棚まで落とし込みました。

 

ウォークインの奥の壁は左官屋さんにぬってもらうので全部どかすことになりますが

 

すぐに左官屋さんが入ってきてしまうので左官屋さんに関わるところは速く終わらせていきます。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。