• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

和室の落とし掛け

見習い大工の眞利子です。

 

本郷の木造耐火3階建ての現場は、いよいよ造作工事に入ってきました。

 

先週は和室の落とし掛けを取り付けましたので紹介します。

 

 

落とし掛けとは、床の間の上部に入っている部材です。

 

もともとは竹などの片方を斜めに切り、柱に差して取り外し可能な部材だったそうです。

 

強盗が家に侵入してきた時に外して(落として)、応戦する為の竹槍が落とし掛けの由来だと聞きました。

 

 

今回の落とし掛けは上に垂れ壁が付きますので外せません。

 

 

上の写真は光り台に乗せて、柱のクセを光付けている最中です。

 

柱も正確にはすべて平行、直角に立っているとは限りません。

 

見てもわからないくらい微妙な曲がりや反りがあります。

 

それをサシガネで部材に写し取ります。

 

若干キツメに入れないと落っこちてしまいます。

 

 

その加減が難しいです。

 

 

取り付きました。

 

見返りから見ると押し入れの内法(うちのり)と交差していて和室らしいです。

 

垂れ壁部分も珪藻土で塗ってもらいます。

 

 

壁が固まったので、天井板を張ります。

 

縁なしです。

 

柱と方立の頭を板分欠き取り、始めの一枚で調整します。

 

張り始めさえ決まってしまえば後は伸ばしていくだけです。

 

今回の羽目板は加工からあまり時間が経っていないのか実(さね)がかなり固かったです。

 

材料が杉なので、当て板をして叩いてもすぐ実が負けてしまいます。

 

端切りした木っ端を実に差して、全体に叩いた力が伝わるように慎重に張っていきます。

 

まだ両面ボードなので塗り代分の余裕があります。

 

天井は張り終わり、今1階のキッチンを製作中です。

 

近日紹介できると思いますので、そちらも楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。