• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

ヒノキの階段(組立編)

おはようございます。

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週に続き階段です。

 

いよいよ組み立てていきます。

 

組み立てではまず、壁際を適度に透かし上段の蹴込み板が刺さる(5㎜)よう光り付けます。

 

 

後は固定するだけの状態にしたら、上段の蹴込み板を段板の裏に止めつけて取り付けます。

 

下地ボードの角には耐火の意味でアルミテープを貼ります。

 

段板には根太ボンドを充填します。

 

下端からビスのみだと浮きが生じた場合、床鳴りの原因になるからです。

 

根太ボンドとクサビで段板を動かないように固定し、一日置いてからビス止めします。

 

 

加工の段階で形はできているので、後は連続作業になります。

 

下段から上段へ固定しながら登っていきます。

 

 

取り付いた段板から仮養生していきます。

 

一日置いて床鳴りや遊びがないのを確認したら本養生です。

 

引き渡し直前まで段板を見ることはできません。

 

 

ビス止めをしてからさらに二日ほど、使いながら床鳴りしていないか確認します。

 

床鳴り等なければ天井を塞いでいきます。

 

一階階段下はトイレになるので、後壁で塞ぎます。

 

耐火構造では、主要構造物は全てボードで被覆しなければなりません。

 

階段も上端同様、下端もボードを貼ります。

 

 

ボードは強化ボード15㎜厚を二重張りです。

 

野縁下地は45角の杉材を使います。

 

仕上げは珪藻土です。

 

外壁を塗っていただいた同じ左官屋さんにお任せします。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。