• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

外部はそとん壁の掻き落とし仕上げになります。

 

見習い大工の内田です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建て現場では外部の左官工事が仕上げまで終わりました。

 

なので今回は自分たちの事は置いておき外部工事の仕事について書きたいと思います。

 

まず軽く左官に関わってくるところのおさらいをしていきましょう。

 

 

まず大工仕事としては縦胴縁を打ちその上にラス板を打っていきました。

 

そしてラス屋さんに変わりこの上にモルタル仕上げ用の防水シートをはりその上にラス網がきます

 

ちなみに縦胴縁の後ろにも防水シートが貼ってあるので防水層が2重になっています。

 

ラス網まで行ったら左官屋さんの仕事になります。

 

 

今回の外部で使った仕上げ材は上野桜木でも使った「そとん壁」です。

 

そとん壁はシラス台地から掘削した火山灰を主原料とする左官材で防水性能と透湿性能を兼ね備えたものになります。

 

 

まず下塗りをしていきます。

 

下塗りの時にクラック防止の為特殊な繊維状の網を上から押し付けます出隅に見える白いろの物がそうです。

 

下塗りを終えるとすぐに上塗り工事に入るのではなく何日かは日にちを開け下地の中まで乾燥してから上塗りに入ります。

 

 

上塗りをします。

 

今回は掻き落としという上げ方なのでこの上塗りしたものをワイヤーで落としていきます。

 

 

この掻き落としなのですが上塗りをしたら乾燥の状態をみて掻き落としていくのですが、冬は1面塗った後に少し時間を空けてから落とすのですが夏は塗ったらすぐにやっていかないと乾いていってしまうので1面終わるまで休めないそうです。

 

そのため昼が取れなくて大変と左官屋さんが言っていました。

 

 

外部はもう全て掻き落としも終わっています。

 

掻き落としにすると表面に凹凸ができ外部に表情ができます。

 

内部は珪藻土ですが内部も同じ左官屋さんにやってもらうのでまたよろしくお願いします。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。