• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

気密検査を行いました

見習い大工の内田です。

 

本郷の木造耐火3階建て現場は3階のボード作業が後間仕切りを残し終わり次に床に12㎜のベニヤを引いています。

 

このベニヤはフローリングの下地でこれがないと21㎜ボード2重張りで計42㎜の下のベニヤに利かせてフローリングを止めないといけなくなるのでベニヤを引いています。

 

 

3階はすでに終わっており残りは2階だけになるのですが2階の荷揚げ口が現在だと塞げないのでベニヤ張りもとりあえず終わりです。

 

外の方はラス屋さんがラス板の上にモルタル用の防水紙を貼りその上にラス網を貼りました。

これであとは左官屋さんに作業が移っていきます。

 

後はボード作業で内容が変わらないので作業の話はこれくらいで終わりにします。

 

 

 

 

話は変わりますが先週の水曜日に気密検査がありました。

 

高気密にするために1階床のこのベニヤの下は外扱いなので目地にそって防水テープで止めます。

 

他には窓まわりの下地とサッシとの隙間等、気密性を上げるためにちょっとした隙間も塞いでいきます。

 

 

 

自分がブログを書いている時にやっていたので立ち会ってはいなかったのですが結果はⅭ値0.8という数値になりました。

 

Ⅽ値とは「家全体の隙間の合計÷延べ床面積」のことで床面積1㎡当たりどれくらいの隙間があるかを表現した数値です。

 

この値がゼロに近いほど隙間がなく気密性が高いことを意味します。

 

ちなみに東京の気密住宅の相当隙間面積の基準値はⅭ値5.0となっているのでそこから比べてみてもⅭ値0.8という数値は高気密だと言えます

 

 

 

今回は前回までとは違い耐火構造の木造3階建てでボードの2重張り等で変わってくるところがあったので今回の耐火木三で前回と同じように高気密を取れて安心しているところはあります。

 

次に耐火木三がある時は今回のことを頭に入れてさらに高気密をしていきたいと思います。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。