• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

床暖房のメリットとデメリットをご紹介します

冬の寒い時期になると住宅に欠かせないものと言えば暖房器具ではないでしょうか?

 

エアコンやファンヒーターなど暖房器具には様々なものがありますよね。

 

その暖房器具のひとつである床暖房には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

家づくりで床暖房を設置しようか検討されている方は気になりますよね。

 

そこで今回は、床暖房のメリットとデメリットをご紹介します。

床暖房のメリット

床暖房にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

5つのメリットをご紹介します。

足元から部屋全体を暖める

暖かい空気は上に逃げやすく、冷たい空気は下に溜まりやすいため、エアコンの場合は足元がなかなか暖まらない事が多いです。

 

しかし、床暖房ならば足元から暖めてくれます。

 

冷たさは体の末端、特に足元から感じてくるので足元を暖めるには床暖房が最適です。

 

また床暖房は、床から直接熱が足に伝わる「熱伝導」床から放出された熱が壁や天井に反射してできる「ふく射熱」の組み合わせによって部屋全体を暖めることができます。

空気がきれい

床暖房は室内の空気をきれいに保ってくれることもメリットの一つです。

 

エアコンから発生する風によってホコリなどが舞ったり、ストーブのように燃焼させるものがないため、空気の汚れやニオイの心配もありません。

風の流れがなく乾燥しにくい

暖房器具を使用していて気になる事は、空気や肌の乾燥ではないでしょうか。

 

エアコンなどの温風によって皮膚の水分が奪われてしまうため、肌が乾燥してしまいます。

 

床暖房は、エアコンに比べると風の流れもないので肌や室内の空気が乾燥しにくいです。

場所をとらない

ストーブやファンヒーターなどは季節の変わり目に出し入れする必要があり、収納するのにも場所をとります。

 

しかし床暖房は、床の下に設置されているため、場所をとらない暖房器具です。

作動中の音がしない

エアコンやファンヒーターが作動している時の風の出る音は意外とうるさいですよね。

 

床暖房の場合は作動中でも音がしないので室内が静かです。

床暖房のデメリット

床暖房にはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。

 

2つのデメリットをご紹介します。

暖まるまで時間がかかる

床暖房を作動させてから部屋全体が暖まるまで約1時間かかります。

 

ただ、タイマーをうまく利用することで快適になります。

 

例えば、朝起きる時や帰宅する時間の1時間前にタイマーを設定しておけば室内に入った時にすでに暖かい状態で過ごすことができます。

初期費用がかかる

温水マットの施工や熱源機の設置などの初期費用がかかります。

 

そのため、他の暖房器具と比べると費用が多くかかってしまう場合があります。

最後に

今回は、床暖房のメリットとデメリットについてご紹介しました。

 

床暖房の設置を検討している方は、メリットとデメリットを考慮した上で選んでみてください。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。