• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

基礎工事が完了です

こんにちは。

 

土手加藤材木店の見習い大工の眞利子です。

 

今日の文京区本郷の現場進行ブログは基礎工事です。

 

いつもは私達大工の作業のご紹介ばかりですが、

 

本日は基礎工事のご紹介です。

 

 

地盤改良工事はすでに終了をしていて、

 

基礎屋さんが重機で地面を掘削を始めました。

 

構造計算によって基礎形状が決まっているので、

 

必要な深さまで掘削をします。

 

掘削があらかたメドがついたところで、

 

砕石と呼ばれるコンクリート片を撒いていきます。

 

調御堂柄の画像が砕石の打設風景です。

 

砕石を敷き詰めたら上から締め固めます。

 

 

砕石工事が終了したので、

 

上から防湿シートを全面に被せていよいよ鉄筋工事です。

 

基礎形状は鉄筋コンクリートですので、

 

コンクリートを打ち込む前に鉄筋を配筋します。

 

今回はダブル配筋と呼ばれる配筋ですので、

 

ベースについては通常の倍の鉄筋量になります。

 

これも全て構造計算によって決められてものです。

 

社長曰くダブル配筋なので基礎の剛性がすごくいいようです。

 

15cm感覚で縦・横共に配筋をしていきます。

 

 

基礎屋さんが慣れた手つきで配筋の作業を進めています。

 

コンクリートと鉄筋はお互いの弱点を補っています。

 

 

全ての配筋作業が終了しました。

 

次はここにコンクリートを流し込みますが、

 

その前に鉄筋の配筋検査があります。

 

図面通りにきちんと配筋をされているのかのテストの様なものです。

 

無事に配筋検査もクリアーしました。

 

 

基礎工事は終盤戦でいよいよコンクリート工事です。

 

まずはベースと呼ばれる底盤部分にコンクリートが流し込まれています。

 

コンクリートは初めの生コン車が到着すると、

 

クランプ試験を行います。

 

設計図書通りのコンクリート強度が注文されているのかを調べる試験です。

 

この試験は第三者機関が行い、

 

後程試験結果が送られてきます。

 

また生コン会社からの納品書でもコンクリートの配合を確認します。

 

 

ベースコンクリートの打設が終了しました。

 

次に立上りのコンクリートを打ち込めば基礎工事は終了です。

 

基礎工事が終わればいよいよ私達大工がの建て方をします。

 

 

次回の現場ブログをお楽しみに。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。