• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

完了検査に向けて建具を吊り込んでいます。

見習い大工の内田です。

 

今自分は建具の吊り込みをしています。

 

建具は家具調の建具は18㎜、出入り口の建具は30㎜のランバーコアを使います。

 

ランバーコアをそれぞれの寸法に合わせて切り両端に単板を接ぎ合わせます。

 

 

単板はランバーコアよりも大きめにとるのですが前回建具の単板を接いだ時は単板の木目の向きが逆に接いでしまい最後鉋での調整の時に逆目がたってしまったりしたので気を付けながら接ぎました。

 

貼りつけをした後は長めにとっておいた単板を切り下に戸車を入れます。

 

 

戸車の幅が約12㎜なので18㎜のランバーコアに掘り込む時は両側3㎜ずつぐらいしか残らないので鑿で掘っている時にこじってしまうとランバーコアが割れてしまうので気を付けて掘ります。

 

ちなみに写真の物は30㎜のランバーコアなので18㎜だともっと薄くなってきます。

 

戸車を入れ終えたら次は建具を吊り込みます。

 

いきなり建具を切るのではなくまず建具を大きい状態でレールの上に乗せ枠に建具を当ててみますその時に建具と枠との間に大きな隙間が出来ているようなら戸車を入れなおして深さで調整します。

 

この時になるべく調整しないで済むようにランバーコアを切ってない方が下になる様に気を付けます。

 

この建具は長さがあまりないもので入れやすかったのですが、これが出入り口の建具になると長くなるので切った方を下にして少しでも斜めになってしまうと上の方では大きなズレになってしまいます。

 

だいたいあったら鴨居の溝に合わせて建具を加工して入れ込みます。

 

 

手掛けがまだ掘れていませんがとりあえず入りました。

 

今回初めて建具を入れたのですが単板の時に気を付けないといけないことなど入れてみたことで分かってくることは多いです。

 

残りの建具はまだ吊り込んでいないのですが完了検査が木曜にあるので残りの建具の吊り込みや他にやらないといけないことがあるので頑張ります。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。