• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

ルーバー、手摺り造作工事も佳境です。

 

見習い大工の真利子です。

 

練馬区石神井台の新築工事は来週からいよいよ、左官屋さんが現場に入ります。

 

今回も壁の仕上げは珪藻土です。

 

左官屋さんに絡むところはほぼ終わりました。

 

若干残ってはいますが、先に終わらせたルーバーとロフトの手摺りについて紹介します。

 

 

まず完成したルーバーです。

 

トイレの目隠しとして取り付いています。

 

ベニヤで養生されているのは、化粧角柱です。

 

このルーバー、アール面が取れているのでより柔らかい印象を受けます。

 

 

取り付き前の敷居です。

 

どうしても一本一本のルーバーが寸分違わず同じ保証がないので、一本ずつ光付けます。

 

まず、鴨居の方にルーバーの断面を写し取ります。

 

ケンドンと言って、内法寸の決まった中に差し込むときはどちらにも差し込む必要があります。

 

建具の吊り込みと同じように、鴨居穴を深く掘りルーバーを一度深く差し込んでから引っ張り戻します。

 

こうすることで、ビスなどの金物なしに固定することができます。

 

念のため、ボンドは入れています。

 

外れることはないと思いますが、部材の伸縮でグラつきが出るのを避けるためです。

 

 

穴の加工には機械が使えないので、丸のみを使います。

 

彫刻等などの「内丸」とは逆の「外丸」と呼ばれるのみを使います。

 

大工の場合、内丸を使う仕事は皆無と言って良いと思います。

 

そのかわり、丸い部材を扱う際には外丸が不可欠です。

 

穴の中に番号を振り、せっかく光付けた部材を間違えないようにしています。

 

 

もう一つ、ロフトの手摺りの取り付け中です。

 

ロフトは天井裏になる高所なので、手摺りも特に頑丈に作ります。

 

その為、手摺りの束も一本ずつゆるみのないように微調整しています。

 

全て同時に加工を加え、いっきに組み立てた方が効率は良いのですが。

 

ベランダの束と同じく、少し長めに伸ばしておいてから糸を張り、水平を出します。

 

 

完成しました。

 

手摺りの材は杉です。

 

人それぞれ好みはありますが、自分は見た目も香りも杉が好きです。

 

また、適度に柔らかいので穴の方を少しきつく掘り込めばホゾが食い込んで抜けにくくなります。

 

構造材がそのまま化粧にもなる日本の建築で、杉や桧が良しとされる理由はここにもあると思います。

 

全て見えてしまうということは、そもそも金物を留められる箇所が制限されます。

 

ダボなどで逃げることもできますが、それにしてもホゾ自体で”効いて”いれば尚強いと思います。

 

体重をかける使い方もされると思うので、特に効かすことを意識しました。

 

小さな造作材での試行錯誤が、次の刻みにも応用できると思います。

 

ものが大きくなっても、接合部をより強固にすれば同じように強度も上がります。

 

 

もうひとつ、昨日取り付いたテレビボードについても紹介したいと思います。

 

材種はブラックウォールナットという外国材です。

 

原板の木取りと製材は弟弟子がやりました。

 

原板の製材精度にしても、日本の製材所に比べて海外のものは荒々しいです。

 

材料自体のクセも相まって、かなり苦労したと思います。

 

出来ることなら、剥ぎ合わせまで弟弟子にやれせてやりたかったです。

 

長材で白木と違い、かなり重量もある堅木を加工するとどうしても加工しきれない箇所が出やすいです。

 

自分で全てやると、次回の課題が自分なりに見つけられるはずなので少し残念です。

 

 

完成です。

 

剥ぎ合わせまでが加工工程、そのあと面取りや微調整をして取り付ける過程があります。

 

現場で全てを自分で加工する利点は、加工時にある程度材料を見ることができる点です。

 

手刻みでも同じことが言えます。

 

それでも同じ材が一つとしてない無垢材を相手にすると反省がなくなることはないのかもしれません。

 

逆に、どんどん反省点が増えてきます。

 

今回も加工精度には関係ないところですが、組立時にも悩みました。

 

どちらの面が一番、目に止まるか、正面はどちらに置くかなど答えのない分野です。

 

お盆に和室をやらせてもらって、多少考え方も変わったかもしれません。

 

やはり、取り換えの利かない和室が一番難しいですし濃い仕事です。

 

もっと経験を積んで、応用できるものを増やしたいです。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。