• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

聚楽壁やプラスターなど塗り壁の6つの種類や特徴

住宅で使用されている内装材にはクロスやタイル、塗り壁など様々な種類があります。

 

その中で、塗り壁は落ち着きのある自然な風合いが魅力で人気の高い内装材です。

 

塗り壁材には、漆喰やプラスター、聚楽壁など様々な種類や特徴があります。

 

そこで今回は、住宅の内装材として使われている聚楽壁やプラスターなど塗り壁の種類や特徴を6つご紹介します。

塗り壁とは?

塗り壁とは、左官で仕上げる伝統的な工法で昔から日本の建物に使われてきました。

 

左官職人が手で仕上げることでやわらかな質感で様々な表情を生み出せることが魅力です。

 

クロスと違い仕上がりを継ぎ目が無く施工することができ、機能面でも防火性や調湿性、断熱性に優れています。

1 土壁

土壁とは、その名の通り、土を原料とした塗り壁材です。

 

数奇屋建築や茶室など昔から使われてきた土壁は「京壁」とも呼ばれています。

 

土ならではのやわらかな質感と上品な美しさが和室に良く合います。

 

土壁には「聚楽壁」「大津壁」などの種類があります。

聚楽壁(じゅらく壁)

聚楽壁(じゅらく壁)とは、きめの細かい砂壁状の仕上げが特徴的な土壁のひとつです。

 

本来は京都付近で採れる土を使用したものを聚楽壁としていましたが、今では上記の仕上げを指していることが多いです。

大津壁

大津壁とは、糊を使用せずに石灰に色土とすさを水で混ぜ合わせた土壁です。

 

仕上げ面がツルツルとしていて、平滑になっているのが特徴です。

2 珪藻土

珪藻土とは、藻類の一種である植物性のプランクトンが化石化したものを原料とした人気の高い自然素材の塗り壁です。

 

部屋の中の湿気を吸収・放出する調湿性に優れているため、夏は涼しく、冬は暖かい住まいにすることができます。

 

また、家の中の気になるニオイを吸収してくれる消臭効果もあります。

 

他にも、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質が発生することがなく、室内の空気をきれいにしてくれます。

3 漆喰

漆喰とは、石灰石からできた消石灰に砂や糊を混ぜ合わせた自然素材の塗り壁です。

 

古くから日本では土蔵や城などに使われてきました。

 

空気中の二酸化炭素を吸収して、少しずつ硬化していくので耐久性に優れています。

 

また、非常に火に強く防火性に優れていて、万一の火災の時でも有害なガスが発生しません。

4 プラスター

プラスターとは、石灰や石膏を主な原料として鉱物質の粉末と水を混ぜ合わせた塗り壁です。

 

美しい白い輝きがあるのが特徴で、その仕上がりから西洋漆喰とも呼ばれています。

 

プラスターには石膏を原料とした石膏プラスターやドロマイトを原料としたドロマイトプラスターなどがあります。

5 繊維壁

繊維壁とは、パルプや繊維質、化学繊維などが原料となっている塗り壁です。

 

吸音性や調湿性に優れているのが特徴です。

 

ただ、他の塗り壁材に比べると耐久性に劣るため最近ではあまり使用されていません。

6 砂壁

砂壁とは、砂で仕上げた塗り壁で、土壁と同じく茶室などの和室に多く使用されている塗り壁です。

 

なめらかな仕上がりが特徴で、和室だけでなく洋室に合うタイプもあります。

最後に

今回は、住宅で使用されている塗り壁の種類や特徴を6つご紹介しました。

 

家づくりで内装材選びに迷われている方は参考にしてみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。