• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

外部廻りの下地組と金物緊結中です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は間柱、窓台などの外部廻りの下地を組みました。

 

来週後半には、外部検査機関による「構造検査」を予定しています。

 

なので、筋違いや構造金物も同時進行で取り付けています。

 

 

ユニットバスと洗面脱衣の窓下地です。

 

一階は、基礎から高さ1メートルまでの部材に防腐、防蟻対策を施さなくてはいけません。

 

やり方は、防腐剤を塗ったり防腐剤に予め漬け込んだ木材を使用したり様々です。

 

例外的に、ヒノキやヒバ材は耐水性と防蟻性が認められているので、特に防腐材を使う必要はありません。

 

土台も柱も、ヒノキの無垢材を使っているので、今回も防腐材は使いません。

 

プラス、高さが1メートル以下に入る窓台もヒノキを使います。

 

昔は、土台に栗(クリ)なども使ったそうです。

 

先日、行きつけの金物屋さんに聞いた話によれば、栗は成長が早く水にも強いそうです。

 

木材がどんどん無くなっていき、最近では栂(ツガ)材なども土台に使うそうです。

 

 

今回筋違いは一階に5丁、二階には3丁入っています。

 

外壁面には、耐力壁となる「ダイライト」を全面に張るので、筋違いは内壁のみに入ります。

 

現在の建物の考え方的には、面で持たす「枠組み工法」が一番強いと言われます。

 

大きな”箱”を面材で作るわけですね。

 

2×4工法などが代表です。

 

一方で古くからある日本の木造建築は「軸組み工法」と言われます。

 

ですが、軸組み工法が柱や梁などの”軸のみ”で成り立っているわけではないんです!

 

親方に教わって、実感したのは「天井の野縁でも建物を強くしている」ということです。

 

天井下地の「野縁組」は石膏ボードを張る為の下地の意味だけではないと親方は言います。

 

実際組んでみると、その意味が分かります。

 

軸組みはあくまでも”骨格”なのだと思います。

 

木造ではよく「総持ち」で建物は成り立っていると言われます。

 

軸組み、枠組みではなく全ての部材が有機的に建物を構成しているのだと思います。

 

 

写真は、柱の引き抜きに対して作用する「リブコーナー金物」と「筋違いプレート」です。

 

構造金物には、径の太い専用の構造ビスを使用します。

 

構造ビスでもヒノキの節に当たると折れます。

 

節を避けて、金物同士が干渉しない位置に打ち付けていきます。

 

 

柱頭、柱脚、継手部分にはそれぞれプレート金物を打ち付けます。

 

一番怖いのは、最近多く起こっている大地震です。

 

建物の倒壊は部材が折れたりするのではなく、継手が外れたりホゾが抜けることによって起こります。

 

柱のホゾが抜けるなんて、最初は信じられなかったです。

 

土台が基礎にガッシリ緊結されている今の住宅では「揺れることで力を逃す」とはいかないようです。

 

力の塊に力で挑んでいるのが今の金物工法に思えます。

 

ですが、打たないよりは使った方が絶対に良いです。

 

熊本でも、構造金物を規定通りに使い、外部を耐力壁にした建物は倒壊がかなり少なかったそうです。

 

日々変化していく、法律や考え方ですが、その時の最善を尽くせたら良いと思います。

 

・・・来月、ゴールデンウィークの振休を頂けることになりましたー!

 

二年ぶりに奈良県に行こうと計画中です。

 

計画と言っても行き帰りの手段のみ決めて、後は着いてから考えます(笑)

 

法隆寺は行きたいなと思っています。

 

また、たくさんのネタを仕入れて帰ってきますので、お付き合いください。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。