• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

ガスコンロとIH キッチンの加熱調理器の種類や特徴

キッチンを選ぶ時には、シンクやカウンター、水栓金具など様々な機器を選ぶことになります。

 

その中でキッチンの主役となる機器と言えば、コンロなどの加熱調理器ではないでしょうか。

 

キッチンで使用する加熱調理器には、主にガスを熱源にするガスコンロと電気を熱源にするIHクッキングヒーターの2種類があります。

 

では、キッチンで使用するガスコンロやIHクッキングヒーターにはそれぞれ、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

今回は、キッチンの加熱調理器の種類や特徴をご紹介します。

ガスコンロ

ガスコンロは、ガスが熱源になっている加熱調理器で多くの住宅のキッチンに取り入れられています。

 

一般的には、火力の異なるバーナーを組み合わせた3つ口でビルトインになっているタイプが多いです。

ガスコンロの調理性

ガスコンロの場合、調理器具全体を炎が包み込むように均一に加熱できるため、ムラなく短時間で調理することができます。

 

また、IHは使用できる調理器具が限られていますが、ガスコンロは材質を気にせずに様々な鍋が使用できるので、目的に合わせた調理方法や調理器具を自由に選ぶことができます。

 

ただ、直接火を扱うので調理中の火のトラブルが発生しやすいので注意が必要です。

ガスコンロの安全性

炎が直接見えるため、危険性が誰にでもわかりやすいです。

 

ですから、子どもに火の怖さを教えることができます。

 

火を直接扱うので、引火や火傷などの恐れがありますが、最近では過熱防止などの各種センサーが搭載されているため安全機能も高まっています。

ガスコンロの清掃性

ガスコンロは、ゴトクの出っ張り部分のお手入れがやりにくく手間がかかります。

 

ただ、温度上昇を抑える商品もあり、焦げ付きを軽減してくれるので、簡単な拭き掃除だけで表面をきれいに保つことができます。

IHクッキングヒーター

電気を熱源にした場合にキッチンの加熱調理器に用いられているのがIH(Induction Heating)クッキングヒーターです。

 

IHは電磁波を使用して加熱をするため、直火がなく、安全性の高い加熱調理器です。

 

ガスコンロと比べると、ゴトクがないのでトッププレートは完全フラットになっているのが特徴です。

IHの調理性

火加減の調整を数字やメモリで管理ができるため、失敗が少なく調理をすることができます。

 

また、直接火を使わないので、夏場はキッチンが暑くなりにくいです。

 

ただ、使用できる鍋の種類が限られています。

 

鉄製やステンレス製、ホーローなどの鍋は使えますが、アルミやガラス、土鍋などは使うことができないので注意が必要です。

IHの安全性

直接火を使用しないため、衣類や周囲の物などに引火する心配がなくガスコンロと比べると安全性が高いです。

 

ただ、IHでも炎で熱した時と同じくらいの熱量が発生するため発火の恐れもあるので注意が必要です。

IHの清掃性

ガスコンロと比べるとゴトクがなく、平らな形状になっているのでお手入れがしやすいです。

 

汚れが気になればすぐに拭き掃除をすることができて、ほぼそれでお手入れが完了するので清掃性が高いです。

 

また、直火を使わないので、部屋の空気が汚れないのも特徴です。

最後に

今回は、キッチンで使うガスコンロやIHなどの加熱調理器の種類や特徴をご紹介しました。

 

キッチンを選ぶ時には、ガスコンロにするのか、IHにするのか、それぞれの特徴を理解して、ご自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。