• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

刻み作業中!

 

見習い大工の眞利子です。

 

刻みが始まって二週間、明日には二階胴差回りと小屋の横架材がほぼ刻み終わります。

 

土台と柱以外の横架材、登り梁は杉を使っています。

 

今回は進行中の刻み作業について紹介したいと思います。

 

 

下小屋は今、杉の香りが立ち込めています。

 

今回、外部周りの継手は一か所鎌継手を除き、追っかけ継ぎ手という形で継いでいます。

 

追っかけ継ぎ手は下木に上木を落とし込んで接合する継手です。

 

自重によって互いに引っ張りあう為に緩みや破断の起きにくいしくみになっています。

 

その分高い加工精度が要求されるため、特に緊張感を持って作業しています。

 

 

二階床回りに入る、胴差の継手です。

 

左から「逆さ蟻継手」現場ではチャウスと言っています。

 

二番目が「追っかけ継手」です。

 

5分の目地と継手部分に付けた勾配で強固な継手になっています。

 

一番右側は柱の横面に直接ささる、「小胴付き」です。

 

それぞれの部材の側面にも、床を碁盤に組むために、「腰掛蟻」の加工がしてあります。

 

 

腰掛蟻(こしかけあり)の仕口加工です。

 

部材を長くするのが”継手”。

 

部材の横面に違う部材が乗っかってくる箇所を”仕口”と言います。

 

部材が簡単に抜けないように”返り”が付いた継手を蟻の頭の形に見立てて、蟻継ぎと言っています。

 

今回は、加工に関して、なるべく手数を減らすように心掛けて作業しています。

 

一発でスパっと削った方が精度のいいものが出来ると気づいたからです。

 

高価な材を前に加工をしていると、どうしても少しずつ削り進めたくなります。

 

ですが、かえって平面精度を下げる危険もあります。

 

 

仕事終わりや昼休みには、手道具だけで加工する練習をしています。

 

柱のホゾ穴をノミのみで掘ります。

 

 

墨の内側に定規の意味で、ノミ立てをします。

 

ノミ立てをしたら、山形に掘り進めていきます。

 

ノミが入らなくなったら、真ん中の山を崩してまた山形に掘るの繰り返しです。

 

 

荒掘りが終わりました。

 

柱のホゾが1寸8分なので底当たりしないように2寸弱掘ります。

 

あとは、側面をさらいます。

 

 

自分は左ききなのでノミを右手に持って、左手で玄翁を振ります。

 

だからなのか穴が右に逃げる癖があります。

 

穴の側面に差しがねを当てて垂直に掘れているか最後に確認します。

 

相変わらず下手くそです。

 

もっとスカッと掘れるようにまだまだ試行錯誤が必要です。

 

 

杉は、カンナ削りをしても、加工をしても他の木材とは別格の難しさです。

 

実際手で掘ってみると特徴が分かってきます。

 

杉は軟木の中でも特に柔らかい材種ですが、冬目と言われる年輪の部分と節だけがかなり硬いんです。

 

堅木の方がある程度は切れ味が落ちた刃物でも力押しが効きますが、杉は本当に切れる刃物でないとすぐ仕上がりに影響がでます。

 

難しい材種だからこそ良い緊張感を持って作業できるので内容の濃い毎日です。

 

夜は泥の様に寝て、今日も1日全力で刻みます!

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。