• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

刻みのため叩き鑿を買いました。

見習い大工の内田です。

 

ただいま現場では親方が次の新築の図板を引き、土台の墨付け刻みをしています。

 

自分と兄弟子は後付けの家具のつくえやベッド等、まだやらないといけない事が残っているため急いで取り掛かっています。

 

早く刻みに参加したいです。

 

刻みのために新しい道具を買いました。

 

 

叩き鑿(たたきのみ)です。

 

この叩き鑿は自分の家の近くにある、金物屋で買いました。この金物屋では他に追入れ鑿や鉋、玄翁の頭など色々お世話になっています。

 

この叩き鑿は右から5分・8分・1寸・1寸2分・1寸6分と順の大きさになっています。1寸4分は買いませんでした。

 

鑿は買ってもすぐ使えるわけではありません、自分で使える用にしなくてはいけません。

 

 

始めにかつらを柄に入れないといけません。上の写真で言うと木のところが柄で下についている金属がかつらです。

 

かつらは柄をたたいている時に柄がボロボロになったり、割れたりするのを防ぐためにあるものです。

 

かつらを入れるには始めにかつらを取りえの先を少し削り、木殺ししてから水をつけカジヤを使い入れます。そして柄の先を少し潰してかつらがとれないようにしたおきます。

 

 

上の写真のようにカジヤを使いかつらを入れます。

 

写真の物はもうできているのですが、これくらいだとすぐ潰れてまた入れなおさないといけないと親方に言われました。

 

ここら辺は色々やっていき学んでいきたいです。

 

人によっては水はつけなかったり、噛んで入れる人もいます。前に話した大工さんは噛んで入れてました。

 

最後に鑿を研いで使えるようになります。叩き鑿は追入れ鑿よりも硬いため、研ぐのに力と時間がかかります。

 

それでも使い始めは調子が出ないことが多く、裏だししてからが本番とよく言われます。

 

まだ買ったばかりで研いではありますが使ってはいないので、調子がよくなるようにきちんと研いでいきたいです。

 

 

最後にその金物屋さんで買った追入れ鑿です。

 

こちらはもう使っているためかつらをいれ研ぎもしています。

 

1分だけかつらを入れていないのは1分は細いので無理に入れようとすると折れてしまうからです。

 

今は紙の箱に入っていますが、今度自分でこの鑿を使い木で箱を作りたいと思っています。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。