• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

浴槽の素材の種類を5つご紹介します

前回は、ユニットバスなどの浴室の種類についてご紹介しました。

 

その浴室のプランを決める時に欠かせないのが浴槽ではないでしょうか?

 

浴槽の素材には様々な種類があります。

 

浴槽は直接肌に触れるので、心地良いバスタイムを過ごすためには、この素材を選ぶことが意外と大事になってきます。

 

そこで今回は、浴槽の素材の種類を5つご紹介します。

1 FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

FRPとは、ガラス繊維強化プラスチック(fiber glass reinforced plastic)という軽量な樹脂素材で出来ている浴槽です。

 

現在の住宅で最も多く使われている浴槽の素材です。

 

メリットとしては、保温性や耐久性、耐衝撃性に優れていて、やわらかく肌触りが良いです。

 

また、カラーバリエーションも豊富で、価格も比較的安価です。

 

デメリットとしては、汚れが付きやすいことが挙げられます。

 

ただ、やわらかなスポンジで浴槽用の洗剤で小まめにお手入れをすれば、きれいでなめらかな肌触りを保つことができます。

2 人工大理石

人工大理石とは、樹脂を加工して天然の大理石のような仕上がりが魅力の素材です。

 

加工がしやすいためデザインのバリエーションが豊富で耐水性や耐汚性に優れています。

 

また、汚れも落ちやすくお手入れが簡単なので、人気の高い素材です。

 

人工大理石に使用されている樹脂には、大きく分けてアクリル系とポリエステル系があります。

アクリル系

アクリル系は、肌触りがなめらかで光沢や透明感があるのが特徴です。

 

衝撃や熱に強く、価格もその分、高価なものが多いです。

ポリエステル系

ポリエステル系は、アクリル系に比べると衝撃や熱に弱く、風合いも若干劣ります。

 

ただ、価格はアクリル系よりも安価なものが多いです。

3 ホーロー

ホーローとは、金属の表面にガラス加工をした素材です。

 

メリットとしては、ガラス質の仕上がりなので、なめらかな肌触りと独特の色合いがあり、お手入れが簡単にできることです。

 

ただ、表面に傷が付きやすく、そこからサビが発生しやすいです。

 

ホーローには鋳物と鋼板の2種類があり、鋳物ホーローは、重量があるため耐久性はありますが、1階以外に浴室を設ける場合はあまり適していません。

4 ステンレス

ステンレスのメリットと言えばやはり、傷やサビに強く、お手入れが楽にできる所ではないでしょうか。

 

また、耐久性や保温性にも優れていて、価格も比較的に手ごろなものが多いです。

 

ただ、金属独特の肌触りが苦手な方もいるので、好みが分かれますが、最近では、金属の肌触りを抑えた商品もあります。

5 木製

木製の浴槽の魅力はなんと言っても、木独特の温かみのある肌触りや香りを楽しめることではないでしょうか。

 

特に、ヒノキは香りが良く、保温性や耐衝撃性にも優れています。

 

他にも、ヒバやサワラなどが用いられていて、価格はその樹種によって様々ですが、ヒノキが最も高額になります。

 

木製と言うと、お手入れが大変で腐食しやすいとされていますが、最近では腐りにくい特殊処理を施された商品があるので、お手入れも楽になっています。

最後に

今回は、浴槽の素材の種類を5つご紹介しました。

 

浴槽を選ぶ場合は、肌触りなどを直接触れて確かめることが大切です。

 

ですから、ショールームに足を運んで、どのような素材が良いのか実際に触れてみて確認してみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。