• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

ユニットバスなどの浴室の種類を3つご紹介します

住宅において浴室は一日の疲れを癒し、くつろぎの時間を過ごすための空間ですよね。

 

浴室のプランを決める時には、最初に浴室そのもののスタイル(つくり方)を決めることが大切です。

 

浴室のスタイルには、在来工法・ユニットバス・ハーフユニットバスの3種類があります。

 

そこで今回は、ユニットバスなどの浴室の種類を3つご紹介します。

1 在来工法

在来工法とは、浴槽はもちろんのこと水栓、床、壁、扉などをそれぞれ選ぶことができ、完全オーダーメードで、現場で施工するスタイルの浴室です。

 

メリットとしては、なんと言っても自由度の高い浴室にできることではないでしょうか。

 

浴槽の形やサイズ、床や壁などの素材を自由に選ぶことができるため、自分だけのこだわりの浴室にすることができます。

 

デメリットとしては、自由度が高い分、費用も高くなり工期も多くかかる場合があります。

 

また、つくり方によってはメンテナンス性が悪かったり、水漏れの危険などがあります。

 

ですから、防水加工をしっかり行うことが大切です。

2 ユニットバス

ユニットバスとは、「システムバス」と呼ばれることも多く、浴槽や床、壁などを工場でつくり、それを現場に運んで組み立てたスタイルの浴室です。

 

最近の住宅の浴室には、このユニットバスが多く採用されています。

 

メリットとしては、工場でつくられた物を現場に運んで組み立てるため、工期が短く、費用も抑えることができます。

 

また、品質が安定しているため、断熱性や防水性が高く、商品のバリエーションも豊富です。

 

デメリットとしては、先程ご紹介した在来工法と比べると、決まったサイズや形の中から選ぶことになるため自由度は少ないです。

3 ハーフユニットバス

ハーフユニットバスとは、床と浴槽はユニットバスのように工場でつくったものを組み立てて、壁や天井を在来工法のように自由に仕上げることができるスタイルの浴室です。

 

メリットとしては、床と浴槽にユニットバスを使用しているので、防水性が高いです。

 

また、壁や天井のデザインは好みに応じてタイルや板材など自由に選ぶことができるため、こだわりの空間にすることができます。

 

デメリットとしては、ユニットバスに比べると施工が難しく費用も多くかかってしまいます。

 

このように、ハーフユニットバスは在来工法とユニットバスの両方の特徴を持っています。

最後に

今回は、浴室のスタイルの種類を3つご紹介しました。

 

浴室プランは細かい部分を決める前に浴室のスタイルを決めることが大切です。

 

それぞれのスタイルの特徴をよく考慮して最適なものを選びたいですよね。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。