• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

ステンレスなどキッチンシンクの種類をご紹介します

キッチンシンク

キッチンを選ぶ時には、カウンターやコンロ、水栓など様々な設備を選ぶ事になります。

 

その中でも、キッチンシンクはキッチンの使い勝手を左右する重要な部分です。

 

キッチンシンクの素材にはステンレスなどいくつか種類があります。

 

そこで今回は、キッチンシンクの種類やそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ステンレス

ステンレスは、昔から多くのキッチンに使用されているポピュラーなシンクです。

 

メリットとしては、耐熱性が高く、サビにくく、汚れにも強いためメンテナンスが楽にできて、価格も比較的安価です。

 

また、重い物を落とすと、へこみやすいですが、弾力性があるため食器などを落としても割れにくいです。

 

デメリットとしては、傷が付きやすいことが挙げられますが、表面が凸凹になっているエンボス加工や髪の毛のような細かいラインを施したヘアライン仕上げなどにすることで傷が目立ちにくくなります。

 

他には、デザインのバリエーションが少ないです。

人工大理石

人工大理石は、見た目が天然の大理石のような仕上がりに見えて高級感があるのが特徴です。

 

メリットとしては、なんと言ってもデザイン性の高さではないでしょうか。

 

加工がしやすく曲線などを自由につくれて、カラーバリエーションも豊富なので、見た目の美しさにこだわる方にはピッタリです。

 

また、硬い素材のため衝撃に強く、重い物を落としても傷が付きにくいです。

 

デメリットとしては、先程ご紹介したように硬い素材なので、衝撃に強い反面、食器などを落とすと割れやすいです。

 

価格はステンレスに比べると高くなってしまいます。

 

ただ、人工大理石の素材には大きく分けてアクリル系とポリエステル系があり、ポリエステル系の方が熱に弱いですが比較的安価なものが多いです。

ホーロー

ホーローは、鉄やアルミなどの金属の表面にガラス加工を施した素材です。

 

メリットとしては、耐久性や耐熱性に優れていて、お手入れも簡単です。

 

インテリア性が高く、キッチンをおしゃれな雰囲気にすることができます。

 

デメリットとしては、衝撃に弱く食器などを落としてしまうと、表面のガラスが欠けて金属が露出してしまい、そこからサビが発生しやすくなる場合があります。

 

また、海外では良く使われていますが日本ではあまり普及していません。

最後に

今回は、キッチンシンクの種類やメリット・デメリットをご紹介しました。

 

キッチンシンクを選ぶ時には、耐熱性の高さや傷の付きにくさ、お手入れのしやすさなどを考慮して選ぶようにしましょう。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。