• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

断熱・気密性能を表す数値 Q値とUA値とC値とは?

快適な住まいにするためには、高断熱・高気密の住宅にすることが大切です。

 

高断熱・高気密にすることで夏は涼しく、冬は暖かく、エネルギー消費の少ない省エネ住宅にすることができます。

 

ただ、高断熱・高気密と言っても、それをどのように感じればいいのか?何を目安にすればいいのか?いまいち、ピンとこないと思います。

 

断熱と気密にはその性能を数値で表したものにQ値とUA値とC値というものがあります。

 

では、このQ値とUA値とC値とはどのようなものなのでしょうか?

 

そこで今回は、断熱性能と気密性能を表すQ値とUA値とC値についてご紹介します。

断熱性能を表すQ値とは?

Q値とは、熱損失係数とも呼ばれ、断熱性能を表す値です。

 

熱損失と言う通り、熱の逃げやすさを表す値で、数値が大きいほど熱が逃げやすく、小さいほど逃げにくいです。

 

つまり、このQ値の数値が小さいほど断熱性の高い住宅という事です。

 

Q値は、家の内部と外気の温度差を1度とした時に家全体から外に逃げる時間あたりの熱量を床面積で割った数値です。

 

外に逃げる熱量÷床面積=Q値

 

ちなみに、Q値が2を切ると断熱性の高い住宅と言えます。

平成25年から省エネ基準はUA値に

平成25年に改正省エネルギー基準によって、断熱基準がQ値からUA値に変わりました。

 

UA値とは、外皮平均貫流率とも呼ばれ、家の各部位から逃げる熱量の合計を外皮面積(外壁や屋根など)で割ったものです。

 

Q値と同じく、UA値も数値が小さいほど断熱性が高い住宅と言えます。

気密性能を表すC値とは?

C値とは、相当隙間面積とも呼ばれ、気密性能を表す値です。

 

いくら断熱性が高くても、隙間があるとそこから熱が移動してしまうので、快適な住まいにするためには断熱性だけでなく気密性の高さも大切です。

 

床面積に対する隙間面積の割合を数値化したもので、1㎡あたりの隙間の大きさを表しています。

 

C値も先程ご紹介したQ値と同じく、数値が少ないほど隙間も少ないので気密性の高い住宅という事です。

 

C値は、家全体の隙間面積を床面積で割った数値です。

 

家全体の隙間面積(㎠)÷床面積(㎡)=C値

 

ちなみに、C値が1を切ると気密性の高い住宅と言えます。

最後に

今回は、断熱性能と気密性能を表す数値であるQ値とUA値とC値についてご紹介しました。

 

家づくりを行う時に断熱性能の目安として覚えておくといいですよ。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。