• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

杉の羽目板を張ってオシャレな天井になりました

 

こんにちは。

 

土手加藤材木店の社員大工見習いの眞利子です。

 

本日の現場ブログは昨日もご紹介した3階の勾配天井に杉の羽目板の施工です。

 

遂に完成しましたのでご紹介します。

 

「杉は目で楽しみ4、桧は香りを楽しむ」と言われるそうですが、

 

それだけ杉の木目は綺麗という事なんです。

 

ぜひご覧ください。

 

燃えしろ梁の間の屋根面を耐火被覆しています
燃えしろ梁の間の屋根面を耐火被覆しています

 

こちらは化粧の羽目板を張る前の段階です。

 

燃えしろ設計による梁の間を強化石膏ボードで耐火被覆します。

 

 

これからのコメントは社長から教わったものをそのままメモ書きして書いています・・・(汗)

 

準耐火構造に要求される屋根は30分準耐火構造で、

 

一般的には屋根直下の2階ないし3階の天井面に強化石膏ボードを張って、

 

屋根準耐火構造30分をクリアーさせます。

 

一部大臣認定による準耐火構造の屋根の方法もあるが、

 

今回は屋根を支える梁を燃えしろ設計により構造計算をして必要な断面を割出し、

 

屋根面は強化石膏ボードで建築基準法をクリアーさせています。

 

天井に石膏ボードを張っています
天井に石膏ボードを張っています

 

またまた私眞利子の現場ブログです。

 

天井面にどんどん強化石膏ボードを張っていきます。

 

梁には羽目板と石膏ボードが差し込めるように手刻みの段階でシャクリ込を入れています。

 

これで石膏ボードと羽目板に隙間ができないようにしています。

 

この強化石膏ボードは風上のボードより凄く重いです。

 

石膏ボードの上に杉の羽目板を張っています
石膏ボードの上に杉の羽目板を張っています

 

3階の勾配天井に石膏ボードが取り付いたのでいよいよ杉の羽目板を張ります。

 

石膏ボードの上に杉の羽目板を張り込んでいます。

 

今回の羽目板の幅は15.0cmと通常の羽目板より幅が大きいです。

 

天井に杉の羽目板が取り付きました
天井に杉の羽目板が取り付きました

 

1部屋分の天井に杉の羽目板の施工が完了です。

 

まだまだ喜んではいられません。

 

まだ3階には2部屋残っています。

 

次の部屋に移ります。

 

オシャレな天井になりました
オシャレな天井になりました

 

登り梁と杉の羽目板がよく合っています。

 

まだまだ羽目板張りは続きます。

 

勾配天井に杉の羽目板の取付です
勾配天井に杉の羽目板の取付です

 

横方面から写した勾配天井です。

 

杉の羽目板がとてもきれいに見えています
杉の羽目板がとてもきれいに見えています

 

3階のすべての勾配天井に羽目板の施工が完了しました。

 

杉の綺麗な杢目が天井をお洒落に演出しています。

 

今回の現場ブログは以上になります。

 

また次回もお楽しみにしていてください。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。