• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

畳コーナーとは?和室との違いやメリット・デメリット

最近の新築住宅では、和室が減ってきていて畳のない家が多くなってきていますよね。

 

ただ、中にはちょっとした畳のスペースが欲しいという方もいると思います。

 

そんな時は、リビングの一角に畳コーナーを設けてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、畳コーナーについて和室との違いやメリット、デメリットなどをご紹介します。

畳コーナーとは?

畳コーナーとは、洋室であるリビングなどの一部分に畳を設けたスペースのことをいいます。

 

和室との違いは、和室は壁などで空間が区切られているひとつの部屋になっていますが、畳コーナーはリビングなどの一部分の空間を畳のスペースにしています。

 

また、明確な決まりはないのですが、およそ4.5帖以上の広さを和室として、それ以下を畳コーナーと呼ばれることが多いようです。

和室よりも人気の高い畳コーナー

和室を設ける場合、その分のスペースが必要になり、うまく間取りが決まらない事もあります。

 

例えば、リビングの横に和室を設けた場合にリビングが狭くなってしまう事もあります。

 

他にも、和室を設けてみたが、いざ住み始めてみると「実際にはそんなに使っていない」などという声もあり、一部屋もいらなかったという失敗談を聞くこともあります。

 

畳コーナーであれば、和室のように多くのスペースを取ることなく、畳のある空間を味わうことができます。

小上がりの畳コーナー

小上がりの畳コーナーとは、20~40cmの間で膝下ぐらいの段差がある畳コーナーです。

 

主に、リビングの一部分に畳コーナーを設置する場合はこの小上がりタイプが多く用いられていることもあります。

 

床とフラットになっているタイプと違い、一段高くなるので床との間に空いた空間を活用することができます。

小上がり畳コーナーのメリットは?

一段高くなっているため、腰かけて座ることでくつろぐことができます。

 

そのまま、畳の上でごろ寝もできて、起き上がる時も段差を利用して楽に起き上がることができます。

 

フラットなタイプと比べて、腰かけることで視線が高くなり家族の気配を感じることもできます。

 

また、床との間の空間を有効活用して、収納スペースにすることもできます。

 

その時に段差の高さを高く取るようにすれば収納スペースを多く取ることができますよ。

 

小上がりになっていることで部屋の中に変化をつけることができて、デザイン性もあります。

小上がり畳コーナーのデメリットは?

一段高くなっているため、つまずいてしまう事もあり、バリアフリーではないので高齢者の方は気を付けなくてはいけません。

 

他にも、段差があると小さいお子さんがいる場合は落下の危険があるので注意が必要です。

 

また、材料や手間がかかるので、費用が高くなってしまう場合があります。

最後に

今回は、畳コーナーについてご紹介しました。

 

ちょっとした、くつろぎのスペースに畳コーナーは最適ですよ。

 

ただ、設ける時は本当に必要なのかよく考えてから検討することが大切です。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。