• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

家を建てる前に知っておきたい建ぺい率と容積率とは?

家を建てる時には建ぺい率と容積率というものが関わってきます。

 

この建ぺい率と容積率は、その土地に建てることができる住宅の大きさを左右するものなので家を建てる前にどのようなものなのか、基本的な内容を確認しておきたいですよね。

 

そこで今回は、家を建てる前に知っておきたい建ぺい率と容積率についてご紹介します。

建ぺい率とは?

建ぺい率とは、家を建てる土地の敷地面積に対する建築面積の割合です。

 

つまり、その土地の面積のうち、何%が家を建てることができる面積なのかを表したものです。

 

家を建てる時には、この建ぺい率の制限内で建てなくてはいけなく、用途地域ごとにそれぞれ上限が決められています。

 

ですから、家を建てることのできる面積の上限は敷地の面積と建ぺい率によって決まります。

 

例えば、敷地面積が100㎡としてその用途地域の建ぺい率が60%の場合、建築可能な面積は60㎡になります。

容積率とは?

容積率とは、家を建てる土地の敷地面積に対する延べ床面積(各階床面積の合計)の割合です。

 

つまり、その土地の面積に対してどれだけの延べ床面積の家を建てることができるかというものです。

 

この容積率も建ぺい率と同様に制限内に収めなければいけなく、用途地域ごとに上限が決まっています。

12の用途地域の建ぺい率と容積率

12の用途地域では、建築できる建物の大きさを建ぺい率と容積率で規制しています。

 

★用途地域について詳しくはこちら⇒「家づくりを始める前に知っておきたい12の用途地域」

 

それぞれの用途地域ごとに建ぺい率と容積率の割合は決まっていて、以下の表にまとめてみました。

分類 用途地域 建ぺい率の上限(%) 容積率の上限(%)

住居系地域

 

第一種低層住居専用地域 30・40・50・60 50・60・80・100・150・200
第二種低層住居専用地域 100・150・200・300
第一種中高層住居専用地域

第二種中高層住居専用地域

第一種住居地域

 

60

 

200・300・400

第二種住居地域

準住居地域

商業系地域

近隣商業地域

80

商業地域

200・300・400・500・600・700・800・900・1000
工業系地域

準工業地域

60 200・300・400

工業地域

工業専用地域

30・40・50・60

最後に

今回は、家を建てる前に知っておきたい建ぺい率と容積率についてご紹介しました。

 

その土地でどれくらいの大きさの家を建てることができるか目安になるので、事前に確認しておくことが大切です。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。