• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

家づくりで知っておきたいコストダウンのポイントは?

家づくりのコストダウンのポイント

家づくりを進めて行く時、こだわるあまりに予算がオーバーしてしまう事が多くあります。

 

予算オーバーしないためにどのようしてコストダウンを図るのかが重要になってきます。

 

ただ、どの部分の費用を削ればいいのか分からない方も多いと思います。

 

そこで今回は、家づくりをする前に知っておきたいコストダウンのポイントをご紹介します。

施工面積を減らして家を小さくする

単純に家を小さくすることが家づくりにおいて最もコストダウンしやすい部分です。

 

建物の施工面積を減らすことでコストを抑えることができるので、設備や内装など、他の部分に予算をまわすことができます。

 

施工面積を減らすという事はマイナスだと思うかもしれませんが、ライフスタイルによっては、そんなに大きな家でなくても十分という場合もあります。

 

面積を減らして家が小さくなってもプラン次第で使い勝手の良い住宅にすることも可能です。

 

このように、施工面積を減らして家を小さくすることで家づくりのコストダウンにつなげることができます。

家の形や間取りを複雑にしない

家の外観の形を複雑にしてしまうと施工面積が増えてしまい、コストアップの要因になってしまいます。

 

他にも、施工面積が増えるだけでなく、家の形を複雑にすると出っ張りや引っ込みが多くなるためその分、材料が多くなり施工の手間も増えるのでコストが余計にかかってしまいます。

 

ですから、なるべく家の形をシンプルにすることがコストダウンにつながります。

 

また、家の形だけでなく家の中の間取りを複雑にするとコストが多くかかってしまう場合があります。

 

例えば、部屋の数を増やしてしまうとその分、部屋と部屋を間仕切る壁やドア、照明なども増えてしまうのでコストもアップしてしまいます。

キッチンなどの設備を工夫する

キッチンやトイレ、お風呂などの設備機器は、そこまでこだわりが無ければ、できるだけ同じメーカーのものを選んだ方がメーカーによっては値引きをしてもらえる場合があります。

 

コストダウンを図るためにコストが安いベーシックなものを選びたいですが、将来のメンテナンスなどのことを考えると長い目で見た時に耐久性が高く、耐用年数のあるグレードの高い設備を選ぶこともポイントです。

メンテナンスが容易なこと

建てた後のメンテナンスのしやすさも長い目で見るとコストダウンにつながります。

 

家を長持ちさせるために大切なことは、メンテナンスがしやすくて回数も少なくて済むという事です。

 

メンテナンスの頻度が高いと全体的に長い目で見た時にコストが多くかかる場合があります。

 

最初は多少コストがかかってもメンテナンスのしやすい住宅にすることもポイントのひとつです。

コストダウンをしてはいけない部分もある

家づくりにおいて耐久性や安全性に関わる部分はコストダウンをしてはいけません。

 

コストダウンをしていけない部分を3つご紹介します。

1 地盤

家を建てる土地の地盤が軟弱だと、地盤沈下や液状化の心配があるので地盤調査を行いましょう。

 

そして、軟弱な地盤だった場合は、適切な地盤改良工事をきちんと行ってください。

2 構造

家の基礎や構造がしっかりしていて、耐久性が高いことが家づくりでは最も大切です。

 

そのため、基礎の部分や構造材となる柱や梁の部分はコストダウンをしてはいけません。

3 窓や玄関ドア

窓や玄関ドアは安全を考慮して防犯性の高いものを選びましょう。

最後に

今回は、家づくりで知っておきたいコストダウンのポイントをご紹介しました。

 

家づくりを検討中の方は是非、参考にしてみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。