• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

注文住宅で使われている床材の種類や特徴

床材の種類や特徴

注文住宅を建てる時にフローリングなどの床材選びに迷う方は多いと思います。

 

お部屋の内装イメージを大きく左右する床材には様々な種類があり、選ぶ時にはそれぞれの特徴を知っておくことが大切です。

 

そこで今回は、注文住宅で使われている床材の種類や特徴をご紹介します。

無垢フローリング

無垢フローリングとは、天然の木を加工した無垢材から出来ているフローリングです。

 

無垢材ならではの温かみのある風合いや香りがあるのが特徴で、肌触りが良い床材です。

 

無垢フローリングは、室内の湿度を調節する調湿効果や断熱性に優れているため、素足で歩いた時に夏はべたつかず、冬はひんやり感じることもなくほのかに温かく感じます。

 

長く使うためには、ワックス掛けなどの定期的なメンテナンスや日々のお手入れが大切です。

複合フローリング

複合フローリングとは、一般の住宅で多く普及している床材で、合板に化粧材を貼り合わせたものです。

 

先程ご紹介した無垢フローリングに比べて、反りや割れなどが発生しにくく、メンテナンスも容易です。

 

デザインやカラーバリエーションが豊富で、汚れにくいタイプや水に強いタイプなど機能性に優れた商品もあります。

 

ただ、無垢フローリングのような風合いや肌触りを得ることは難しいです。

クッションフロア

塩化ビニールを加工してシート状になっている床材がクッションフロアです。

 

主に、キッチンなどに使用されることが多く、耐水性に優れていて、汚れも落としやすいのでお手入れが簡単な床材です。

 

クッション材が裏打ちされていて適度な弾力性があるため、長時間立ったまま作業をするキッチンなどで足腰の負担を軽減してくれます。

 

ただ、熱に弱いのがデメリットで、熱湯をこぼしてしまうと溶けてしまう場合があります。

畳は、古くから日本の住宅で使われてきた代表的な床材です。

 

最近では、和室のある住宅が少なくなってきていて畳を使うことがあまりないですが、畳独特の肌触りや香り、落ち着きのある雰囲気などを好む方も多く、リビングなどの一部分に畳を設ける間取りも増えてきています。

 

畳は、保湿性や調湿性に優れている所が特徴で、高温多湿の日本の住宅に適しています。

 

ただ、色あせしやすいので、定期的な畳表の交換が必要になります。

タイル

タイルは主に、キッチンや浴室などの水周りに多く使用されています。

 

他にも、内装以外では玄関や玄関ポーチの床材などにも使われています。

 

タイルは耐久性や耐水性に優れていることが特徴です。

 

また、汚れが付きにくく、お掃除もサッと拭くだけで簡単に取ることができるのでお手入れが楽です。

 

ただ、タイルの種類によっては目地の汚れが目立ってしまう場合があります。

 

汚れを目立ちにくくするには、色付きの目地にしたり、タイルを大きめにして目地を少なくしましょう。

最後に

今回は、注文住宅で使われている床材の種類や特徴についてご紹介しました。

 

床材選びで迷っている方は、参考にしてみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。