• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

木製ソファー作りました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

先日、わざわ座のソファーを作りましたので紹介したいと思います。

 

 

今日はまず、完成した作品から見てもらおうと思います。

 

両脇の板はJパネルという、杉の集成材です。

 

化粧材として、また耐力壁にもなる板だそうで、前回の現場では勾配天井に使いました。

 

このソファーのように複雑なデザインを成型するときは、まず型板を作ります。

 

型板は、弟弟子が担当してくれました。

 

角のアールなど細かく指定されているので、型板作りも大変だったと思います。

 

 

型板を元に横板の加工が終わりました。

 

その他、前後の框と受け桟を作ります。

 

集成材の板だと、無垢材の様に目が均一でないので加工にもコツがいります。

 

縦目と横目が交互に接着されて作られている集成材は、見た目だけでは木目の癖が判断できないのです。

 

癖によっては欠けや割れが出てしまうので、慎重に加工していきます。

 

 

部材が揃ったので、組立に入ります。

 

寝かした状態で後ろ框をまず取り付けます。

 

家具はホゾとビスの併用なので比較的組立は簡単です。

 

狂いが無いか確認しながら組んでいきます。

 

 

骨組みが組み終わったら、ボンドが固まるまでハタ金で絞り込みます。

 

この後、座板と背板を固定します。

 

 

大体のソファーの形が決まりました。

 

自分の作業はここまでです。

 

この後、クッションと布を巻き付けて完成です。

 

初めてのソファー作りでしたが、何とか形になりました。

 

家具屋さんの中でも椅子は特殊な技術のいる仕事だそうです。

 

ですが、このソファーの作り方を応用すれば普通の椅子も作れると思います。

 

将来、設計やデザインも自分でやってみたいです。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。