• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

住宅で使用する外壁材の種類をご紹介します

住宅の外観の印象を大きく左右する外壁材。

 

外壁材は外観だけではなく、雨水や火災、紫外線などから住宅を守る大切な建材です。

 

住宅に使用される外壁材には様々な材質や色、デザインがあり、どれを選んでいいのか最初はよくわかりませんよね。

 

ですから、外壁材にはどのような種類があるのか選ぶ前に知っておくことが大切です。

 

そこで今回は、住宅で使用する外壁材の種類をご紹介します。

窯業系サイディング

最近の新築住宅で多く使用されているのがサイディングと呼ばれるボード状の外壁材です。

 

ただ、サイディングと一口に言っても、いくつかの種類があり、これからご紹介する窯業系と金属系の2種類が一般的な住宅で多く使用されている外壁材です。

 

窯業系サイディングとは、セメント質と繊維質などを原料として板状に成型したサイディングです。

 

この窯業系サイディングのメリットとしては、耐久性や耐火性、断熱材に優れている所です。

 

また、施工もしやすく、コストも他の外壁材と比べると安いため、現在の新築住宅の多くに使用されています。

 

他にも、デザインやカラーバリエーションが豊富な所も魅力です。

 

10年を経過した頃から、目地を埋めるシーリングに劣化が出始めるので定期的なメンテナンスが必要になります。

金属系サイディング

金属系サイディングとは、ガルバリウム鋼板やアルミニウム合板金などの合板を表面材にして、断熱材などを裏面材にして構成されているサイディングです。

 

金属製サイディングのメリットとしては、耐久性があり、軽量なので建物に負担をかけにくいことから耐震性にも優れています。

 

見た目はすっきりとしたデザインのため、シンプルな外観がお好みの方にはピッタリの外壁材です。

 

デメリットとしては、薄い金属の板なので衝撃に弱く、硬い物などがあたってしまうと、へこんだり傷が付いたりしやすいです。

タイル

タイルとは、粘土を板状にして焼いたもので、外壁材の他にも玄関やキッチンの床や内装など様々な場所で使用されています。

 

タイルのメリットとしては、耐久性や耐火性に優れているだけではなく、水分を吸収しにくいので雨水などにさらされる外壁には最適です。

 

また、汚れが付きにくく、色落ちや劣化の心配が少ないため、メンテナンスの回数が少なくて済みます。

 

ただ、他の外壁材と比べると費用は高くなってしまいます。

塗壁

昔からある漆喰や土壁のような塗壁も自然素材の外壁材としてあらためて注目されています。

 

その中でも漆喰は人気が高く、調湿効果に優れているためカビの発生を抑えてくれます。

 

伝統的な左官工法で仕上げるため、味のあるデザインの外観にすることができます。

 

経年劣化がしにくく、塗り替えのメンテナンスも少なくて済む分、費用は高めです。

最後に

今回は、住宅で使用されている外壁材の種類についてご紹介しました。

 

外壁材を選ぶ時は、デザインだけではなく性能もしっかりと考慮して自分たちの家づくりに合った外壁材を選びたいですよね。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。