• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

窓サッシの種類についてご紹介します

住宅において窓は外観のイメージを決める大きな要素になります。

 

もちろん、デザイン性だけでなく断熱性や遮音性、防犯性といった機能面を考慮して選ぶことが大切です。

 

一般的に窓は、サッシと呼ばれる枠の部分と窓ガラスによって構成されています。

 

窓を選ぶという事は、サッシとガラスを選ぶという事です。

 

そこで今回は、窓サッシにはどのような種類があるのか?また、それぞれのサッシの特徴などをご紹介します。

アルミサッシ

一般の住宅で最も多く使用されているサッシがこのアルミサッシです。

 

アルミで出来ているため軽く、窓の開閉操作が楽にできるのがメリットです。

 

他にも、強度もあって、気密性や防火性にも優れたサッシです。

 

ただ、長い期間ホコリなどが付いたままにしておくと腐食してしまう場合があるので、日々のお手入れが大切です。

 

断熱性に関しては、他のサッシと比べると熱を伝えやすい素材のため、性能は劣ります。

樹脂サッシ

樹脂サッシは主に塩化ビニール樹脂を原料としたサッシです。

 

熱を伝えにくいため、断熱性が非常に優れている所が大きなメリットです。

 

窓ガラスの中で特に断熱性に優れている複層ガラスとこの樹脂サッシを組み合わせることにより、断熱性の高い窓にすることができるので、高断熱の住宅にはピッタリのサッシです。

 

ただ、アルミサッシと比べると費用が高めで、強度もあまり強くないので厚みのある構造になります。

木製サッシ

木独特の温かみや質感、手ざわりが魅力の木製サッシは古くから住宅の窓に使われてきました。

 

しかし最近では、アルミサッシの普及によって、木製サッシを使用している住宅は少なくなってきています。

 

また、腐食や木の狂いなどの経年劣化で耐久性に劣るという欠点もあります。

 

ただ、木製サッシの中には木材を十分に乾燥させて特殊な構造で気密性や耐久性などに優れた商品も増えてきています。

複合サッシ

複合サッシとは、「アルミと樹脂」、「アルミと木製」といった、異なる素材を組み合わせたサッシです。

 

例えば、アルミサッシと樹脂サッシの組み合わせだと、耐久性に優れたアルミを外部にして断熱性に優れた樹脂を部屋の中に使用するなど、それぞれの素材の特性を生かした商品があります。

窓ガラスの性能も大切

窓はサッシの性能だけ高ければいいというものではありません。

 

良い窓を選ぶ時は窓ガラスの性能も大切になってきます。

 

サッシ同様、窓ガラスにもいくつも種類があり、特徴も様々です。

最後に

今回は、窓サッシの種類や特徴などをご紹介しました。

 

それぞれのサッシの特徴や使う場所、目的などを考慮して選ぶようにしましょう。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。