• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

注文住宅の断熱の工法を2種類ご紹介します

注文住宅を建てる時に快適な住まいにするためには断熱性の高さが重要になってきます。

 

住宅の断熱化に欠かせないのが断熱材です。

 

今回は、この断熱材をどのように施工するのかなど、断熱の工法に関してご紹介します。

 

一般的に注文住宅の断熱で行われている工法には「充填断熱」と「外張り断熱」の2種類があります。

 

そこで今回は、充填断熱と外張り断熱の2種類の断熱工法をご紹介します。

充填断熱とは?

簡単にご説明すると断熱材を壁の内部に入れる工法を充填断熱と言います。

 

柱や梁などの構造材の間に断熱材を充填する方法です。

 

この充填断熱に使用されるのは、主にグラスウールやセルロースファイバーのような繊維系の断熱材で、一般の住宅では広く普及している工法です。

 

壁の内側の空間を利用することで断熱面積を少なくすることができるので、外張り断熱と比べると費用が安く抑えられる場合が多いです。

 

ただ、壁の内側の空いている所に断熱材を充填していくので、柱などとの間に隙間ができないように、施工をする時には注意が必要になります。

 

他にも、施工時の注意点として、繊維系の断熱材は水蒸気を通しやすく、壁の内側に結露が発生しやすくなるため、防湿フィルムと呼ばれるシートを施工する必要があります。

充填断熱のメリットとデメリットは?

充填断熱で施工することでどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

メリットとデメリットをご紹介します。

充填断熱のメリット

  • 壁の内側に断熱材を充填するので敷地面積に影響しない
  • 経年劣化しにいくため断熱性能が安定している
  • 繊維系の断熱材を使用するため施工が容易で費用も安い

充填断熱のデメリット

  • 柱などの間に入れて施工をするため隙間があると断熱性能が悪くなることも
  • 気密性を高めていないと内部で結露が発生してしまい構造材を傷める場合も

外張り断熱とは?

簡単にご説明すると断熱材を壁の外側に張り付ける工法を外張り断熱と言います。

 

構造材の外側を断熱材で覆う工法なので、柱や梁の部分も断熱されるのが特徴です。

 

この外張り断熱に使用されているのは、硬質ウレタンフォームやフェノールフォームなどのボード状の発砲プラスチック系断熱材です。

 

壁の内側のスペースが空くので、配管やコンセントボックスなどを確保しやすくなるなどのメリットがあります。

 

ただ、断熱材を厚くしすぎると重みで外壁が垂れ下がる場合があります。

外張り断熱のメリットとデメリットは?

外張り断熱で施工することでどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

メリットとデメリットをご紹介します。

外張り断熱のメリット

  • 壁の内側に配管やコンセントボックスなどを施工しやすい
  • 構造材(柱、梁等)の部分を覆うので断熱効果が高い
  • 結露が発生しにくいので構造材が腐食しにくい

外張り断熱のデメリット

  • 充填断熱と比べると費用が高くなってしまう事が多い
  • 地震などの強い衝撃で断熱材が変形してしまう場合もある

どちらの工法が良いのか?

充填と外張りではどちらを選べば良いのか?という事がありますが、基本的に一般の住宅においては、しっかりとした施工がされていればそれほど大きな差はないと思います。

 

施工性や費用、使用する断熱材などを考慮して検討することが大切です。

最後に

今回は、注文住宅の断熱の2種類の工法についてご紹介しました。

 

住宅の断熱の基礎知識として覚えておくといいですよ。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。