• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

手刻み三階建て開始!その前に卓袱台作りの試練です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

上野桜木の現場もほぼ完成しました。

 

下小屋では、次の現場の墨付けを親方が進めています。

 

自分も早く、刻みに入りたいのですが、、、

 

写真は土台の墨付け風景です。

 

今回は三階建ての為、一階床も合床です。

 

合床では、根太の代わりに甲乙梁という部材が碁盤の目のように入ります。

 

甲乙梁を入れることで、床の高さを低くすることが出来ます。

 

その分、土台には甲乙梁の仕口を掘らないといけないので加工量は増えます。

 

今回、手刻み二回目の現場ですが全く機械を使わない訳ではありません。

 

写真は角ノミ機です。

 

手刻みといってもこれら小型の機械を駆使して効率化を計っています。

 

手刻みで家を建てるのは、正直職人の技術向上の面が大きいと思います。

 

手刻みするという事は、建前の一か月も前から材料に触れられるということです。

 

刻みながら一本一本の材料がどういう部材か把握して建前に臨めます。

 

部材の癖などを少しでも把握できていれば、無理のない組み方ができます。

 

前回の反省もたくさんあるので今回はもっと良いものが造れると思います。

 

 

刻みを前にウズウズしているのですが、その隣で自分は今机を作っています。

 

写真は卓袱台の天板です。

 

サンダーとカンナで凸凹を平らに馴らしています。

 

 

使っている道具たちです。

 

昨日は珍しく親方に褒められました。

 

カンナの引き方がさまになってきたと!

 

相当カンナも使ってきたので、ようやくと言った感じです。

 

カンナもノコも道具の扱いはとても難しいです。

 

 

机は、合計三つ作るのですが、建物を造るのと考え方が違うので苦心中です。

 

ビスや釘では全く長持ちしないので足もホゾ差しにします。

 

親方が前回作っていたのを見ていると、やはり仕口部分で苦労していました。

 

家具作り、試練です。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。