• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

小屋組みいろいろ『谷隅木』と『和小屋組入母屋』製作中です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

前回の実技課題では谷隅木を造りました。

 

谷とは、切妻の屋根同士が交わるところで出来る、くの字型の部分です。

 

谷を作ると、両方の屋根の雨水を集めてしまうので雨仕舞上あまり良くありません。

 

ですが、少し屋根の形に凝ったりすると、必ず谷は出来てしまいます。

 

谷はなるべく作らないことを心がけながら、必要不可欠な技能でもあるわけです。

 

今回、時間が無かったのでいきなり完成です。

 

左寄りの大きい斜めの材料が谷隅木です。

 

谷隅木は、普通の隅木の逆で上端を谷(Ⅴの字)にクセ取ります。

 

この模型は、校長先生に聴いたところ、隅木から左側が母屋の屋根だそうです。

 

そして、右側は母屋から突き出した玄関庇です。

 

なので、模型の中心の材料の下には玄関ドアが付くはずです。

 

この模型だけだとなかなか想像しづらいですね。

 

この模型は一月からクラスの有志で作る「和小屋組の入母屋模型です。」

 

破風板が向くっているあたりからもうニヤニヤが止まりません。

 

楽しみで待ち遠しいです。

 

正確には、まだ形をつかめてないですが、展示会に出すので五分の一くらいの大きな模型の予定です。

 

破風が向くってます。

 

屋根自体は直線の軒先が少し反る程度です。

 

部材自体を反らしたり、向くらす場合は型板を作ります。

 

そして普通より大きめな材料に型板から形を写し取って加工していきます。

 

もう、実技の完成の早い人から墨付けに取り掛かっています。

 

 

小屋組みは、本来完成すると見えなくなってしまう箇所です。

 

展示会では全て見えるようにするので、垂木も隅木も全て化粧です。

 

なかなか学ぶ機会のない、和小屋組や入母屋の造り方を学べるので少しでもものにできるよう頑張ります。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。