• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

道具箱式のノミ箱を作りました!中に収まるノミは・・・

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、造り途中だったノミの箱が完成したので紹介したいと思います。

 

 

ノミの箱を作るのは二回目、今回は道具箱式のノミ箱にしました。

 

何が違うかと言うと、蓋の細工です。

 

写真は閉まっている状態ですが、蓋板を左にズラすと開くようになっています。

 

昔の大工さんなどは道具箱もすべて自作したので、使いやすくするために様々な工夫をしました。

 

今回の蓋のような細工から、小さな箪笥のように作って、道具が収納しやすくしました。

 

正式な名前が分らないので、自分は道具箱式と呼んでいます。

 

 

開けるとこんな感じです。

 

組ノミは普通10本で1セットなので箱も10本入るように間仕切ります。

 

ですがこの箱では11間にしました。

 

仕事中は錐や小さい釘などが散乱しやすいので、それらも入れられるようにしました。

 

蓋の細工に少し戻ると、左と右の板の長さが違うのが写真でもわかります。

 

10ミリにも満たない差ですが、これで蓋が外れないようになっています。

 

 

壁板の組手は家具屋さんなどが使う、アラレ組にしました。

 

アラレ組は普通、大工は使いません。

 

組手の考え方自体が家具屋さんなどの小さく、より細密さの求められる仕事の考え方だと思います。

 

では、大工はというと主にホゾを挿します。

 

木造の住宅を見てもあまり継手自体は見えないと思います。

 

有るとしたら、部材同士が接地している‘胴付き面‘だけだと思います。

 

見た目は柱に横架材などが乗っかっているだけに見えますが、柱に切られたホゾが奥深くまで刺さっている

 

わけです。

 

今回のアラレ組はリベンジです。

 

一代目の箱もアラレ組で作ったのですが、いまいちでした。

 

結局、釘で固定してしまったので今度こそはと思って作りました。

 

二代目である今回は、組手だけでしっかり固定されています。

 

間仕切りも壁板に溝を掘っているので壊れない限り外れません。

 

箱作りは半分趣味みたいなものなので遊んでいます。

 

親方には、前回より作るのが早くなったと言われました。

 

自分も一代目より上手にできたと実感できました。

 

最後に、この箱に収めるノミを買いました。

 

『宝龍斉長弘』と言う鍛冶屋さんのノミです。

 

自分の地元である江戸川で鍛冶屋さんをやっていた方だそうです。

 

箱もノミももったいなくて、大事にしまって置きたいですが、ガンガン使います。

 

早く柄を据えて現場に持っていきたいです。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。