• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

珪藻土を壁と天井に塗っています

こんにちは。

 

土手加藤材木店の大工見習いの眞利子(まりこ)です。

 

今日の現場ブログは私達大工仕事ではなく左官屋さんです。

 

大工仕事が一段落したので仕上げ作業になります。

 

左官屋さん珪藻土を壁と天井に塗ります。

 

仕上げの珪藻土を塗る前に下塗り材を施工中
仕上げの珪藻土を塗る前に下塗り材を施工中

 

こちらは仕上げの珪藻土を塗る前に、下塗り材を塗っているところです。

 

ボードのつなぎ目に寒冷紗を取り付けてから下塗り材を塗ります。

 

真っ白なのがその下塗り材です。

 

この下塗り材の役割は、

 

石膏ボードのつなぎ目やビスの頭が珪藻土を塗った後に浮き出ないようにするためです。

 

このひと手間がプロの仕事なんですね。

 

作業の手を止めて見入ってしまいます。

 

下塗り材を塗っています
下塗り材を塗っています

 

あまりにもきれいな白なので始めは漆喰なのかと勘違いするほどです。

 

このままでも十分きれいです。

 

よく見るとボードのつなぎ目が全く見えなくなりました。

 

珪藻土や漆喰などの左官仕上げで一番気になるのがひび割れなんです。

 

特にボードとボードのつなぎ目が最も危惧されるところですが、

 

このひび割れを起こさないようにするために寒冷紗(かんれいしゃ)や下塗りをしっかり施します。

 

珪藻土を塗りまじめました
珪藻土を塗りまじめました

 

下塗り材が十分乾燥してから、いよいよ仕上げの珪藻土を塗りはじめます。

 

今回使用する珪藻土はMPパウダーというもので、珪藻土の含有率が非常に多いそうです。

 

白く塗った下塗り材の上に茶色く塗られているのが珪藻土です。

 

素晴らしいコテさばき
素晴らしいコテさばき

 

ここからは左官屋さんの独壇場です。

 

珪藻土を次々と壁面に塗り込んでいきます。

 

私もお願いをして少しだけ体験させて頂いたのですが、

 

コテに珪藻土がうまくのらなかったです。

 

壁と天井に珪藻土が塗られています
壁と天井に珪藻土が塗られています

 

2階の天井は無垢材の表しなので天井施工はありませんが、

 

1階のダイニングとリビングの一部分の天井も珪藻土で仕上げます。

 

天井面の珪藻土が何やらまだら模様になっていますが、

 

これは珪藻土が乾燥をしてきていることの現れです。

 

塗った直後はすごく茶色い色ですが、

 

乾いてくるとこのように少し色合いが薄くなってくるようです。

 

珪藻土の効果の一つに調湿効果があると言われています。

 

湿気が多い時にはその室内の湿気を吸収して、湿度をある程度調整するようです。

 

珪藻土が塗り終わりました
珪藻土が塗り終わりました

 

壁面の珪藻土の施工がほぼ終わったようです。

 

まだら模様は乾燥してきているという事。

 

天気が良ければ窓を開けて空気の流れを良くして乾燥させます。

 

左官屋さん曰くあともう一息のようです。

 

本日の現場ブログは以上です。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。