• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

六本木へ美術鑑賞に行きました!in「kiitsu展」

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週の日曜日、久しぶりに美術館に行きました。

 

 

今、六本木にあるサントリー美術館では、「鈴木其一」の回顧展をやっています。

 

鈴木其一とは江戸時代に活躍した絵師で、「琳派」と呼ばれる系譜に属している人です。

 

自分は、この琳派の絵が好きで過去にも様々な展覧会に行きました。

 

琳派の特徴は、金屏風に輪郭線を描き、面で色を付けていくところです。

 

パターン化された、葉や花がハンコを押したように連続する作品が多いです。

 

今回のメインもそのパターン化された朝顔の屏風絵です。

 

ポスターにも使われているこの絵は、通常アメリカのメトロポリタン美術館にあります。

 

ずいぶん前ですが、テレビでもその技法が紹介されています。

 

中は写真が撮れないので、お土産に買ってきたものを紹介します。

 

図録です。

 

図録の表紙絵は、「描表装」といわれる、描き方をされた絵です。

 

鈴木其一だけではなく、琳派の絵師たちは、いろいろな技法や題材で絵を描くのでバラエティー豊富で面白

 

いです。

 

絵表装の他にも、墨の濃淡だけで立体的な絵を描いたり、にじみやぼかしを使った絵も多いです。

 

もう一つのお土産は展覧会では必ず売られている、限定ファイルです。

 

自分は、美術館に行くと必ずこの限定ファイルを買います。

 

結構貯まってきて、時々見返すと過去に行った展覧会を思い出せます。

 

趣味としておススメです。

 

 

回顧展は、大満足でした。

 

ただ展示替えがあって、観たかった作品がまだ展示されてなかったのが残念です。

 

美術館の帰りに、ミットタウンの中で買いものしていると日本橋木屋の支店がありました。

 

写真は木曽桧で作らているヘラです。

 

自分も現場の端材などで作ってみようと思い、参考に買ってみました。

 

他にも升やお櫃のありましたが、とても高いです。

 

現在、仕事の合間を縫ってノミを入れる箱を作っています。

 

現場の端材を使って、製作中です。

 

もう少しで完成するのでまた紹介したいと思います。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。