• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

作り付け家具製作。押入れの造作も同時進行です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今回は現場の進行状況を紹介したいと思います。

 

 

桧の板を矧ぎあわせて、作り付けの家具の天板を製作しています。

 

写真はダイニングの家具に使う板です。

 

加工機に通して厚みを合わせた後、材料の矩(直角)を出します。

 

これから矧ぎ合せに入る前に、材料の向き、色、節や欠けなどが無いかを見ながらどう矧ぐかを考えている

 

ところです。

 

 

どう矧ぎ合せるかが決まったら、ボンドを木口に塗り、ハタ金を使って絞めていきます。

 

この工程で出来上がりの綺麗さが決まってしまうので、緊張する瞬間です。

 

板自体が長尺なので(3000)どうしても材料の癖が取りきれていないと隙が出てしまいます。

 

今回は、作り付けの家具だけで七ヶ所あります。

 

単純に天板が七枚とそれを支える縦板が七枚作ります。

 

初めての機械も使いながら、弟弟子と急ピッチで製作中です。

 

 

次は、押入れの造作作業です。

 

二階の天井が勾配天井でかなり高さがあるので、押入れは独立した箱型になっています。

 

自分の担当はその天井張りと化粧ベニヤの貼り付けです。

 

鴨居の上端平らに天井が張れるように下地桟を組んでいきます。

 

この後、押入れの中に衝立が二枚立つので割を出して、ちょうど芯に下地桟を入れていきます。

 

 

押入れが大きいので全体像が撮れないのですが、天井、衝立、化粧ベニヤの貼り付けが終わりました。

 

シナベニヤは癖がなくてスッキリ見えますね。

 

あとは、雑巾摺れを回して、衝立にも桟を添えます。

 

建具を製作して、取りつくまで少し掛かりますが、押入れは粗方完成です。

 

 

おまけです。

 

二階の押入れの中にキッチンから上がってきた排煙管があります。

 

下地組して箱型に囲って見えなくします。

 

壁の中に下地が少ない箇所なので、ボンドをいれてフロアと角の柱に固定しています。

 

大きさが小さいのでかなりガッシリしてます。

 

シナベニヤを張って隠ぺい完成です。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。